<p>ウィーンからポーランドに移送されるロマ族(ジプシー)の家族。1939年9月〜12月、オーストリア。</p>

ヨーロッパ在住ロマ族(ジプシー)のジェノサイド、1939〜1945年

ナチス政権とその枢軸同盟国がいわゆる人種的な理由で迫害の対象とした集団の1つにロマ族(ジプシー)がありました。

ロマ族に対して社会的偏見を抱いていた多くのナチス以外のドイツ人の支持を得て、ナチスはロマ族を「人種的に劣った集団」と判断しました。ロマ族の運命は、ある意味でユダヤ人の運命と似ていました。ナチス政権のもとで、ドイツ当局はロマ族に対して独断的な拘留、強制労働、および大量殺戮を行いました。ドイツ当局はソ連およびセルビアのドイツ軍占領地区において数万人のロマ族を殺害し、アウシュビッツ・ビルケナウ、ヘウムノ、ベウジェツ、ソビボル、およびトレブリンカの絶滅収容所でさらに数千人を殺害しました。親衛隊と警察は、ベルゲン・ベルゼン、ザクセンハウゼン、ブーヘンヴァルト、ダッハウ、マウトハウゼン、およびラーフェンスブリュックの強制収容所にロマ族を収容しました。いわゆるドイツ帝国および総督府において、ドイツ人民機関はロマ族を収容した数か所の強制労働収容所を管理していました。

1939年9月21日、国家保安本部を率いるラインハルト・ハイドリヒはベルリンで保安警察(Sipo)および親衛隊保安部(SD)の高官と会合しました。ドイツによるポーランド侵攻の勝利が確実となったところで、ハイドリヒは3万人のドイツおよびオーストリア在住のロマ族をドイツ帝国から総督府(ドイツに直接併合されていないドイツ軍占領下のポーランドの領土)に移送することをもくろみました。総督府における民間占領機関の最高位高官であったハンス・フランク総督は、1940年春に大勢のロマ族およびユダヤ人を総督府に受け入れることを拒否し、この計画を阻止しました。

それでもドイツ当局は1940年と1941年に、一部のロマ族をドイツ帝国から占領下のポーランドに移送しました。1940年5月、親衛隊と警察は、主にハンブルクとブレーメンに居住していた約2,500人のロマ族およびシンティ族を総督府内のルブリン地区に移送しました。親衛隊および警察当局は、彼らを強制労働収容所に収容しました。その生活や労働条件は、彼らの多くを死に至らしめるものでした。生存者の行方はわかっていません。親衛隊が、ベウジェツ、ソビボル、またはトレブリンカのガス室でまだ生き残っていた人々を殺害した可能性があります。1941年の秋に、ドイツ警察当局は5,007人のシンティ族およびラレリ族のジプシーをオーストリアからウッチのユダヤ人専用ゲットーに移送し、そこの隔離地区に彼らを住まわせました。ロマ族の半数近くはそこに到着してから数か月以内に、食料、燃料、収容施設、および医薬品の不足により死亡しました。ドイツ親衛隊および警察当局は、このような恐ろしい条件で生き延びた人々を1942年初期にヘウムノの絶滅収容所に移送しました。そこでロマ族は、ウッチゲットーにいた数万人のユダヤ人と共に、ガストラックで一酸化炭素ガス中毒により死亡したのです。

ドイツ当局は、近い将来に通称ドイツ帝国から移送する目的で、ロマ族全員をいわゆるジプシー収容所(Zigeunerlager)に収容しました。1940年にはロマ族の移送が保留されたため、これらの施設は長期的な留置所となりました。ベルリンのマルツァーンは、オーストリアのラッケンバッハおよびザルツブルクと共に、これらのうちでも最悪な収容所でした。数百人のロマ族が悲惨な条件により死亡しました。地元のドイツ人は収容所に関する苦情を何度も申し立て、公衆道徳、公衆衛生、および治安を「保護」するために、そこに収容されていたロマ族の移送を求めました。地元の警察はこれらの苦情を利用して、Reichsführer-SS(親衛隊全国指導者)であるハインリヒ・ヒムラーに対し、東方へのロマ族の移送の再開を正式に訴えました。

1942年12月に、ヒムラーはすべてのロマ族をいわゆるドイツ帝国から移送するように命じました。ただし特定のカテゴリーに分類された人々は例外とされました。例外とされた人々には、古代から続く「純血のジプシー」の人々、ドイツ社会に溶け込んだため、「ジプシーのように振る舞わない」と見なされたジプシーの子孫、ドイツ軍功を上げて人々(およびその家族)が含まれていました。最低でも5,000人、多くて1万5,000人がこのような例外集団に属していましたが、地元当局では、一斉検挙でこのような区別を無視することがよくありました。警察当局は、休暇中に家にいたドイツ国防軍(Wehrmacht)のロマ族兵士でさえも捕らえて移送したのです。

通常、ドイツ警察はドイツ帝国内のロマ族をアウシュビッツ・ビルケナウに移送しました。そこの収容所当局は、「ジプシー専用収容所」と呼ばれる特別な収容施設に彼らを収容したのです。2万3,000人に及ぶロマ族、シンティ族、およびラレリ族が、まとめてアウシュビッツに移送されました。通称ジプシー専用収容所では、家族全員が一緒に生活していました。親衛隊の大尉と医師であるヨーゼフ・メンゲレをはじめとする、アウシュビッツ収容所に配置されていた親衛隊医療研究者たちは、アウシュビッツ強制収容所の囚人の中から疑似科学的な人体実験のための被験者を選別する許可を得ていました。メンゲレは自分の実験の被験者として、双子や発育障害者を選びました。被験者の一部はジプシー専用収容所に収容されていました。他のドイツの強制収容所には、約3,500人の大人と若者のロマ族が収容されていました。医療研究者たちは、ラーフェンスブリュック、ナッツヴァイラー・ストリュトフ、およびザクセンハウゼン強制収容所に収容されていたロマ族の中から被験者を選び、収容所内の実験室または近くの施設で実験を行いました。

アウシュビッツ・ビルケナウのジプシー収容所内の環境は、発疹チフス、天然痘、赤痢などの感染症や伝染病の蔓延の原因となり、収容所の人口は大きく減りました。3月の終わりに、親衛隊はビャウィストク地区出身の約1,700人のロマ族をガス室で殺害しました。この人々は数日前に到着したばかりで、そのほとんどが病気を患っていました。1944年5月に、収容所の指揮官たちはジプシー収容所の住人を殺害することを決定しました。親衛隊の護衛兵は収容所を取り囲み、封鎖しました。外に出てくるように命じられたロマ族の人々は、事前に警告を受けて、労働に使用していた鉄パイプやシャベルなどの道具で武装して命令を拒否しました。

親衛隊のリーダーたちはロマ族に直接対抗することをあきらめて退却しました。親衛隊は、1944年の春の終わりから初夏にかけて、アウシュビッツ第1強制収容所やドイツの他の強制収容所の労働力となる3,000人近くのロマ族を移送した後、8月2日に残りの2,898人の収容者を処刑しました。犠牲者のほとんどは、病人、老いた男性、女性、および子供たちでした。収容所員は、ほぼ全員をビルケナウのガス室で殺害したのです。この作戦中に隠れていたわずかな子供たちは後日捕らえられ、殺されました。アウシュビッツに送られた2万3,000人のロマ族のうち、少なくとも1万9,000人がそこで死亡したのです。

ドイツ軍占領下のヨーロッパ各国では、ロマ族の運命は国の状況によって異なっていました。ドイツ当局はロマ族を収容し、ドイツ国内の強制労働に従事させるか、強制労働または殺害の対象としてポーランドに移送しました。ドイツおよびオーストリア在住のユダヤ人に対するドイツの政策では、いわゆる混血の人々は移送政策から除外されていましたが(ただし強制労働は除外なし)、それとは異なり、しばらくの間あいまいで混乱した期間を経た後、親衛隊や警察は「純血」の「ジプシー」は無害であるが、「混血」はその「混血」の割合がどうであっても危険であるため移送する必要があると決断しました。

ドイツ軍および親衛隊や警察の部隊も、バルト海沿岸諸国で少なくとも3万人のロマ族を射殺しました。また占領下ソ連の他の場所では、アインザッツグルッペンをはじめとする移動虐殺部隊がユダヤ人や共産主義者と同時にロマ人を殺害しました。占領下のセルビアでは、ドイツ当局は1941年から1942年の初期にわたって行われた射殺作戦において男性のロマ族を殺害し、その後1942年には女性や子供たちをガストラックで殺害しました。セルビアで殺害されたロマ族の合計人数はわかっていません。予測では、1,000人〜1万2,000人の間とされています。

フランスでは、1940年に裏切り者政権が設立された後、ヴィシー政権下のフランス当局がロマ族に対する規制策や迫害を強化しました。1941〜1942年にフランス警察は、占領下のフランス地区および占領されていないフランス地区のどちらかに住んでいた3,000人から6,000人のロマ族を収容しました。フランス当局は、比較的少ないロマ族をブーヘンヴァルト、ダッハウ、ラーフェンスブリュックなどのドイツ国内の収容所に移送しました。

ドイツの枢軸同盟国であるルーマニア当局は、ルーマニア領に住んでいたロマ族を組織的に絶滅させることはしませんでしたが、ルーマニア軍や警察当局は1941年から1942年にかけて、約2万6,000人のロマ族を主にブコヴィナやベッサラビア、さらにモルダヴィアやその首都であるブカレストから、ルーマニア管轄下のウクライナ南西地区にあるトランスニストリアに移送しました。移送された人々のうち数千人は、病気、飢餓、および残酷な扱いにより死亡しました。

ドイツのもう1つの枢軸同盟国で、過激派分離主義組織でテロ組織のウスタシャによって運営されていた通称クロアチア独立州の当局は、同国の約2万5,000人に及ぶロマ族人口のほとんどすべてを物理的に絶滅させました。ウスタシャ民兵とクロアチア高等警察によって運営されていたヤセノヴァツ強制収容所では、1万5,000〜2万人のロマ族の命が奪われました。

ホロコーストで殺害されたロマ族の正確な人数は把握されていません。正確な数字や割合は確認できませんが、歴史家は、ドイツおよびその枢軸国によってヨーロッパ在住の全ロマ族の約25%が殺害されたものと推定しています。戦前にヨーロッパに住んでいたロマ族の人口は百万人近くだったと考えられていますが、そうなると、ドイツとその枢軸同盟国は22万人近くを殺害したことになります。

戦後、中央および東ヨーロッパではロマ族に対する差別が継続されました。ドイツ連邦共和国では、1943年より前にロマ族に対して取られた処置はすべて、人種偏見による政策の結果ではなく、犯罪者に対する合法な公的措置であると判断しました。この判断により、犯罪を犯したわけでもないのに収容され、強制的に不妊手術を受けさせられ、ドイツ国外に移送された何千人ものロマ族被害者に対する賠償の道は事実上閉ざされました。戦後のバイエルン刑事警察は、ドイツ帝国に在住していたロマ族の登録簿を含むナチス政権の調査ファイルを引き継ぎました。

1979年後半になって初めて、西ドイツ連邦議会はナチスによるロマ族の迫害を人種差別的動機によるものと認め、ナチス政権下での苦痛や損害に対する損害補償を請求する資格をほとんどのロマ族に与えました。この時点までに、資格を得たロマ族の多くは既に亡くなっていました。