<p>鉄条網を通して見たフロッセンビュルク強制収容所の囚人宿舎。 1942年、ドイツ、フロッセンビュルク。</p>

ナチス収容所

1933年から1945年にかけて、ナチスドイツは約2万か所の収容所を開設し、数百万人の犠牲者を投獄しました。 これらの収容所はさまざまな目的に使われ、その中には強制労働収容所、一時的な中継地点としての通過収容所、そして大量殺戮を主な目的または唯一の目的とした絶滅収容所が含まれていました。 1933年に政権を握ったナチスは数々の拘留施設を建設し、いわゆる「国家の敵」を投獄して殺害しました。初期の強制収容所の囚人のほとんどは、ドイツ人の共産主義者、社会主義者、社会民主主義者、ロマ族(ジプシー)、エホバの証人、同性愛者、「反社会的」(社会的に逸脱した行動)と告発された人々でした。これらの施設は、収容者が物理的に1か所に強制的に集められていたことから、「強制収容所」と呼ばれました。

1938年3月のドイツによるオーストリア併合の後、ナチスはドイツ系およびオーストリア系ユダヤ人を逮捕すると、ドイツ国内のダッハウ、ブーヘンヴァルト、ザクセンハウゼンの各強制収容所に投獄しました。 1938年11月の「水晶の夜」と呼ばれる暴力的なポグロムの後、ナチスは短期間でユダヤ人の成人男性を大量に逮捕し、収容所に投獄しました。

1939年9月にドイツ軍がポーランドに侵攻した後、ナチスは強制労働収容所を開設しました。そこでは数千人の囚人が疲労、飢え、病気により死亡しました。 ドイツ親衛隊が収容所の監視に当たりました。 第二次世界大戦中、ナチス強制収容所の体制は急速に拡大しました。 一部の収容所では、ナチスの医師たちが囚人に対して人体実験を行いました。

1941年6月のドイツ軍によるソ連進攻後、ナチスは戦争捕虜(POW)収容所の数を増やしました。 占領下のポーランドでは、アウシュビッツなどの既存の強制収容所にまた新しい複数の収容施設が建てられました。 ルブリンの収容所(後にマイダネク収容所と呼ばれる)は、1941年の秋に戦争捕虜収容所として建設され、1943年には強制収容所になりました。何千人ものソ連軍戦争捕虜の射殺やガス室での殺害がここで行われました。

「最終的解決」(ユダヤ人のジェノサイドまたは大量殺戮)を促進するために、ナチスはユダヤ人の人口が最も多いポーランドに絶滅収容所を建設しました。 絶滅収容所は効率的な大量殺戮を目的としていました。 最初の絶滅収容所であるヘウムノ収容所は1941年12月に開設され、そこではユダヤ人とロマ族がガストラックで殺害されました。 1942年、ナチスは総督府(占領下のポーランド内陸部)のユダヤ人を組織的に殺害するために、ベウジェツ、ソビボル、トレブリンカ絶滅収容所を開設しました。

ナチスは殺害の効率を高め、その作業を執行者個人に関わりのないものにするために、ガス室(有毒ガスを充満させて内部の人々を殺害する部屋)を建設しました。 アウシュビッツ収容所の一部であるビルケナウ絶滅収容所には、4つのガス室が備えられていました。収容所への移送者数が最も多い時期には、毎日6千人ものユダヤ人がガス室に送られていました。

ナチス占領下の土地のユダヤ人は多くの場合、ポーランドの絶滅収容所に送られる途中に、オランダのヴェステルボルクやフランスのドランシーなどの通過収容所にまず移送されました。 通過収容所は通常、絶滅収容所に移送される前の最後の立ち寄り地点となりました。

数百万人もの人々がさまざまなナチス収容所に投獄され、虐待を受けました。 親衛隊の管理の下、ドイツ軍とその協力者は、絶滅収容所だけで300万人以上のユダヤ人を殺害しました。ナチス収容所に投獄された人々のうち、生き残ったのはほんのわずかでした。