オールドロフ (簡約記事)

オールドロフ収容所はブーヘンヴァルト強制収容所の補助収容所で、米国軍が開放した最初のナチス収容所でした。1944年11月にドイツ、ゴータという町の近くに建設されたオールドロフは、囚人を鉄道建設の強制労働者として供給しました。1945年3月の終わりに、収容所は約11,700人の囚人を抱えていましたが、4月の初めに親衛隊がほぼ全員を死の行進でブーヘンヴァルトに撤退させました。病弱で歩けなかった残りの囚人の多くが親衛隊の看守によって殺害されました。米国軍の第4機甲部隊の兵士が収容所に入ると、一部が焼却処分された死体の山を見つけました。

この恐ろしい発見により、ヨーロッパにおける連合国軍の最高司令官、ドワイトD.アイゼンハワー将軍は、ジョージS.パットン将軍、オマー・ブラッドリー将軍と共に4月12日に収容所を訪れました。オールドロフでナチスが犯した犯罪を見たことはアイゼンハワーに大きな衝撃を与え、強制収容所で起こった事を世界に知ってほしいと思いました。彼はナチスの残虐行為についての恐ろしい真相をアメリカ市民に知らせようと、新たに解放した収容所に米国議会の議員と報道記者を招集しました。オールドロフ収容所に関する第4機甲部隊の発見は、ホロコースト中にナチスが犯した恐怖に多くの人の目を開かせました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.