歴史映画の場面

連合国軍捕虜が労働の詳細を語る

ほとんどの連合国軍兵士の捕虜(POW)は、強制収容所の収容者と比較すると、ましな待遇を受けていました。 しかし、オランダ人捕虜であったブーラード大尉は、ここダッハウ強制収容所において、一部の捕虜はひどい暴力を受け、厳しい強制労働を強いられたことを語っています。

謄本

我々は、法廷からは、政治犯として取り扱われると言われていましたが、実際には強盗や泥棒、つまりドイツ人の強盗や泥棒たちと一緒に収容所に入れられました。そして彼らが囚人班長、つまり労働の指揮者となったのです。 そして我々は最初のうちは頭を殴られていましたが、その後、懲罰グループに入れられないように常に気をつけるようになりました。 しかし、私自身も懲罰グループに入れられたことがあります。 そのときは、非常に重い箱を6週間もの間、毎日丘や山を越えて運ばされました。その後は、同じ道のりをずっと大きな石を転がして運ばされました。 若い1人の友人が助けてくれたおかげで私は死なずにすんだのです。


  • National Archives - Film

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.