エヴァ・ラパポート

エヴァ・ラパポート

生まれました: October 27, 1929

オーストリア、ウィーン

エヴァは、信仰を持たないユダヤ人の両親のもとに生まれた一人娘でした。彼女の父親はジャーナリストでした。エヴァは2歳年上のいとこスージーと過ごす時間を楽しんでいました。また、母親と一緒に特別休暇を取って、時には、オーストリアのアルプスにスキーに行ったり、ドナウ川沿いにある叔父さんのキャビンに泊まったりしていました。

1933年〜1939年: 1938年、ドイツがオーストリアを併合し、彼女の人生は一変しました 父親は、ゲシュタポから嫌がらせを受けながらもドイツ軍に対する記事を書いていました。私はユダヤ人だったので、仲のよかった友達も私の悪評を流しました。両親は、逃げなければならないと言い、私たちはパリに列車で逃亡しました。ある日、私が3年生の教室にいたとき、爆撃が始まりました。防空壕まで走り込み、ガスマスクをつけました。ゴムの匂いは強烈でした。息が詰まるような気がしました。

1940年〜1944年: 1940年、ドイツ軍のパリ侵攻後、まだ占領されていなかった南部に逃げました。2年後、私が13歳の時、ドイツ軍が南部を占領したため、再び移動することを余儀なくされました。スイスとフランスの国境沿いの山中を危険を冒しながら移動し、私たちはセントマルティンの小さなフランスの村に避難することになりました。その村の司祭であるロンガ−レイ司祭が両親を地下室にかくまってくれることになったからです。私は隠れることもなく、羊飼いとして司祭館に住んでいました。他の子供たちと一緒に礼拝に出席し、ラテン語でカトリックのミサを学びました。

エヴァと彼女の両親は、セントマルティンで身をひそめ続け、1944年の終わりに解放されました。そして、1948年、彼女が18歳の時、両親と共に米国に移住しました。