フリッツ・シルテン

フリッツ・シルテン

生まれました: February 16, 1904

ドイツ、ベルリン

フリッツはドイツの首都、ベルリンに住むユダヤ人一家の2人兄弟の末っ子として生まれました。1920年代後半、フリッツは化学および薬学の博士号を取得しました。1931年にイルセ・テピヒと結婚し、1933年には娘のガブリエルが誕生しました。

1933〜1939年:フリッツは1938年まで父親の薬局で働いていましたが、ナチスによってその事業を価値のほんのわずかな値段で「アーリア系」ドイツ人に売るように強制されました [アーリア化]。両親のそばを離れることは苦痛でしたが、妻と娘の安全を気遣い、フリッツは1938年にアムステルダムに移住しました。フリッツは薬局を開き、その後イルセとガブリエルを呼び寄せました。その1年後、母親も呼び寄せました。父親はベルリンに留まりました。

1940〜1944年:1940年5月、ドイツ軍がオランダに侵攻しました。フリッツは、ドイツ人に任命されたユダヤ人評議会のメンバーとなり、その地位を利用して家族の名前を「保護リスト」に載せることで移送から守ろうと努力しました。しかし最終的には、1943年6月に家族全員がヴェステルボルク通過収容所に移送されました。その1か月後、フリッツの母親が自殺しました。母親は、自分がアウシュビッツに移送されることを知ったのです。1944年、フリッツ、イルセ、ガブリエルは、テレージエンシュタットのゲットーに移送されました。

フリッツとその家族は、ソ連軍がテレージエンシュタットを占領した1945年5月に解放されました。戦後、フリッツはアムステルダムに戻り、薬局を再開しました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.