マルゴ・ホイマン

マルゴ・ホイマン

生まれました: February 17, 1928

ドイツ、ヘレンタール

マルゴは、ベルギーとの国境に近い町に住むユダヤ人家庭に、2人姉妹の長女として生まれました。ホイマン一家は雑貨店の二階に住んでいました。通りの反対側には、マルゴの祖父が住み、大きな納屋で馬と牛を飼育していました。マルゴが4歳のときに、一家はリップシュタットという都市に移り住みました。マルゴは子供のときに、庭の奥に流れていたリッペ川で泳ぎを覚えました。

1933年〜1939年:私が9歳のときに、私たちは近くのビーレフェルト市に引越し、そこの公立学校に通いました。1年後に妹のローレと私は学校から除籍されました。私たちは何の前触れもなくクラスから追い出され、理由もわからないまま学校の外に放り出されて泣きました。それから、歩いて家に帰りました。その後、両親は私たちをユダヤ人学校に入れました。そこには、私たちのようにナチスにより学校を追い出された教師もいました。

1940年〜1944年:私は14歳のときに家族と一緒に移送され、16歳のときにアウシュビッツに送られました。ある日、護送車に乗るよう命じられた私は、二度と戻って来られないことを悟りました。母は私と一緒に来るか、まだ幼い妹と共に残るかを選ぶことができましたが、妹の方が世話を必要としていたため、母はそこに残ることを選択しました。母と抱き合って別れを惜しんだことを今でも覚えています。母は以前は太っていましたが、その頃には骨と皮だけになっていました。分別のなかった私は、母が強く言うので、一日一食しか出されないスープを母の分まで飲んでいました。

マルゴは二度と両親と妹に会うことはありませんでした。彼女は1945年4月にベルゲン・ベルゼンで解放されました。彼女は、赤十字社によって健康を回復するためにスウェーデンに送られ、1947年に米国に移住しました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.