詳細
地図

「安楽死」センター、ドイツ、1940〜1945年

ナチスが使用した「安楽死」という言葉は、遺伝的な病気や異常が理由で、ナチスが「生きている価値がない」と見なした人々の組織的な殺害を意味していました。 1939年秋から、ベルンブルグ、ブランデンブルグ、グラフェネック、ハダマル、ハルトハイム、およびゾンネシュタインにガス室が設置されました。 医師によって患者が選別され、診療所からこれらの集中ガス室の1つに移されて、殺害されました。 世論の怒りによって、集中ガス室での殺害はやめざるを得ませんでしたが、医師たちはドイツ全土の診療所や病院で「安楽死」に選別された人々に致死薬を投与しました。 このようにして、「安楽死」プログラムは戦争が終わるまで継続され、拡大していきました。


  • US Holocaust Memorial Museum

シェア

前の記事

"Euthanasia" centers, Germany 1940-1945 [LCID: ger73070]

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.