証言者の歴史

ベンジャミン・(ベリル)・フェレンツ

ベンはルーマニアのトランシルバニアのカルパティア山脈にある小さな村で生まれました。 彼が幼いときに、家族は米国に移り住みました。 ベンはハーバード大学に通い、刑法を勉強しました。 1943年にハーバード大学法学部を卒業し、西ヨーロッパへの連合国軍の侵攻に備えて訓練中だった米軍の高射砲部隊に加わりました。 ヨーロッパの第二次世界大戦が終結すると、ベンは米軍の戦争犯罪捜査部門に転任し、背後関係の証拠収集および申し立てを受けたナチ戦犯の逮捕を担当しました。 最終的に彼は、ニュルンベルク継続裁判のアインザッツグルッペン訴訟で米国の検事総長に就任しました。

謄本

私たちには、証人を呼んだり、書記を同伴して尋問したり、他の誰かに反対尋問を行ったり、または権利を保障したりできる正式な法廷がありませんでした。 友好的な証人から証言を得る場合、私たちは宣誓供述書を取りました。 証人は将校の前で宣誓しました。 敵対的な証人の場合は、個人的に尋問しました。何のためかというと、真実を突き止めるためにです。 私たちが真実を突き止めたと感じた時点で、証人に証言内容を自筆で書き、それが真実であると署名するように求めました。多くの場合、証拠として将校に提出しました。または、裁判上より有利な状況にある場合は、別途に宣誓供述書を取りました。 そして、それを証拠として使用しました。


タグ


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.