証言者の歴史

エドワード・ワイス

メリーランド州ゲイザースバーグに住むエドワード S.ワイス兵は、解放直後のダッハウ強制収容所にいました。

謄本

私はダッハウからごく近い場所で終戦を迎えました。戦争が終わったとき、または5月5日頃、私は小数のグループと共にダッハウ強制収容所に向かい、その2週間前に米軍病院を引き継いだ旧ドイツ国防軍病院との連絡機関を設置しました。 私の任務の1つは、毎朝バラックと病院から死者を集め、処分することでした。 そしてこれはすべて、ドイツ人事務員によって綿密に記録されたのです。 ある朝、私がレポートを取りに行くと、事務員、つまり事務員の1人が、レポートは準備できているが大佐がまだ署名していないので、大佐が到着するまで数分待たなければならないと言ったのです。 それで私は部屋の奥のデスクの1つに座り、他のドイツ人事務員とおしゃべりしていたのですが、大佐がやっと入ってくると、事務員の1人が飛び上がって「アハトゥンク」(敬礼)と言い、大佐は「ハイル・ヒトラー」(ヒトラー万歳)と答えたのです。 その後大佐は部屋の奥に濃いオリーブ色の軍服を着た私を見つけると、大佐の執務室に初めて招き入れてくれたのです。そこで大佐は私に条件反射について説明し、それまでの15年間、そのように反応してきており、それが条件反射であることを教えてくれたのです。


シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.