証言者の歴史

フリッツィ・ヴァイス・フリッツォル

フリッツィの父親は既に米国に移住していましたが、家族を迎える前に戦争が始まり、フリッツィの母親は大西洋横断客船への攻撃を恐れはじめました。 やがてフリッツィは母と2人の兄弟と共にアウシュビッツに送られました。 母親と兄弟は死亡しました。 フリッツィは実際の年齢よりも年上であるように振る舞い、丈夫な労働力と見なされて生き延びることができました。 アウシュビッツからの死の行進に加えられたフリッツィは森の中に逃げ込み、後に彼女はそこで解放されました。

謄本

もう1日働くにしても、もう1日生き延びるにしても、元気が残っていることを示さなければなりませんでした。 女性たちの中には髪が伸びてきて白髪が目立つ人もいました。彼女たちは宿舎のだるまストーブから石炭を少し取ってきました。 それを使って白髪の部分を黒くして、歳より少しでも若く見えるようにしました。 こんな過酷な状況では、18歳や19歳でも白髪が出てしまいます。 また、どこに行くのも小走りで動きました。何をするのも選別されるので、1日でも長く生き延びるためでした。 傷跡がある者、にきびがある者、走るのが少し遅かった者、理由は何であれ、選別を行っている人が気に入らなければおしまいです。小走りに走る私たちを、棒を使って右と左に分けるのです。 どちらの列が当たりでどちらが外れかはわかりません。 片方の列はガス室に行き、もう片方の列は収容所の宿舎に戻ってまた1日生きることができるのです。


タグ


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.