証言者の歴史

ピーター・ブラック

1980年代と1990年代に、歴史家のピーター・ブラックは、米国司法省の特別調査室で、戦争犯罪者の疑いがある人々を追跡し起訴するチームで働きました。ブラックはその後、米国国立ホロコースト記念博物館の上級歴史学者として働きました。

謄本

移民を申請する者が、後の帰化申請の際にも自身の過去について意図的に虚偽の申告をした場合、市民権の剥奪や強制送還になる可能性についての法律は既にありました。そのような申請者は、真実が明かされれば外国人として移民申請前の状態に戻り、米国に入国することができなくなります。米国に不適格な外国人は、国外追放に処されます。その多くが誤った理由によるものなのですが、米国移民法は極めて厳格であり、ほとんど例外を認めていません。私の直接的に得た知識ではありませんが、米国に住むナチス犯罪者問題を解決する適切な処置として決定されたのです。元々、このような多くの者たちに関しては、犯罪を犯した場所の国家が強制送還を求めるよう期待されていたのだと思います。実際にそのような前例がありました。なかでも有名な例としては、かつてのユーゴスラビア政府が、50年代初頭からクロアチア元内相のアンドリヤ・アルツコヴィッチに行った要請がありました。また、1972年には西ドイツ政府が、ロング・アイランド在住の主婦ハーマイン・ブラウンシュタイナー・ライアンの強制送還を要請し認められた件もありました。ルブリン強制収容所の守衛だったこの女は、法の目をくぐりぬけて米国軍人と結婚して米国に移住しました。何の変哲もない無口な隣人でした。


タグ


  • US Holocaust Memorial Museum
詳細

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.