証言者の歴史

ジョゼフ・スタンリー・ワーザラ

ジョゼフと彼の家族はローマカトリック教徒でした。 ドイツが1939年にポーランドを侵略すると、ドイツで強制労働させるためのポーランド人狩りが始まりました。 ジョゼフは2回の拘束を免れましたが、3回目の1941年に、ドイツのハノーバーにある強制労働収容所に移送されました。 その後4年間にわたり、彼はコンクリートの防空壕建設のための強制労働を強いられたのです。 1945年の米軍による解放により、強制労働収容所は難民キャンプに変換されました。 ジョゼフは1950年に米国の入国許可ビザを受け取るまで、そこに暮らしていました。

謄本

我々全員は、ドイツに到着すると、多くの男女、もしくは女性だけ、男性だけが連れて行かれました。そして私のようなポーランド人全員に、「名前/P」と書かれた2、3インチ四方の小さな布きれが渡され、それをジャケットとシャツの右側に自分で縫い付けて、常に身につけなければなりませんでした。 これを身につけていないと、かなりひどく殴られました。 そしてこの「P」はポーランド人を表していました。私はドイツの強制労働収容所に無理矢理連れて行かれた200万人のポーランド人市民の一人でした。


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

シェア