証言者の歴史

リリー・アプルボーム・マルニック

ドイツは1940年5月にベルギーを侵略しました。ドイツ軍がリリーの母親と兄弟たちを捕らえた後、リリーは潜伏しました。友人や家族の助けを借りて、リリーは2年間、ユダヤ人としての身分を隠していました。しかし、1944年にリリーはベルギー人の告発により、メヘレン強制収容所を経てアウシュビッツ・ビルケナウに移送されました。アウシュビッツからの死の行進後、リリーは英国軍によりベルゲン・ベルゼンで解放されました。

謄本

アウシュビッツを立ち退くという知らせが来ました。アウシュビッツを立ち退く理由は何だったのでしょう? ソ連軍が近づいていたからです。そのため、私たちは全員アウシュビッツを出て歩き始めました。何日も歩きました。決して忘れることはありません。何日歩いたでしょうか。歩いた後、家畜運搬車に乗り、その後また歩きました。歩いているとき、銃声が聞こえてきましたが、行進を続けるようにと指示されました。後ろの方で、歩くのが遅く、ついて来られない人たちを撃っていたのです。渓谷と排水路は血に染まり真っ赤だったため、この行進は死の行進と呼ばれるようになりました。ポーランドの中を通過していたのですが、私たちの中にはポーランド語を話す人もいました。脱出できると考えた一部の人たちは脱出を試みました。行進についていけなくなる人もいました。衰弱し、荷物をすべて捨て、限界になるまで歩きました。そして遅れた人たちはドイツ軍によって射殺されました。真正面から胸を撃たれる人も、背後から撃たれる人もいました。死体は、丘の上、林の後ろなど、いたるところに横たわっていました。まるで戦場のようでした。私たちはこのようにして、ようやくベルゲン・ベルゼンにたどり着いたのです。


タグ


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.