証言者の歴史

パット・リンチ

パットはヨーロッパの強制収容所の解放時に避難病院で働いた数千人の米国人看護婦の1人でした。 彼女は収容所の生存者を看護しました。解放されたとき、彼らの多くは重体でした。

謄本

そのとき、衰弱しすぎていて移動ができなかった人々のために、我々は建物を探すか、外にテントを張る必要がありました。 彼らを収容所の外に出さなければならなかったのです。 そこはあまりに汚すぎました。 ですから、我々はテントを張ったのです。我々は、テントの下で病院を運営する方法を心得ていました。それが我々のしてきたことですから。 つまり、私が働いてきた避難病院は、いずれもテントの中だったのです。 ですから我々は、そこで手術をする方法も心得ていました。 テントの下での病院の運営には慣れていたのです。 ですから我々は外にテントを張り、彼らのために清潔なシーツを用意しました。 そして、彼らの体を洗い、ほかの場所に移動できるようになるまで、そこで看護したのです。 しかし、最も大事なことは、ひどい状態のこれらの建物から彼らを移動することでした。 そこにはダニが蔓延していて、とにかくおぞましい状態だったのです。


詳細

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.