前の記事

アニメーションマップ

ホロコーストの余波

連合国軍がナチスドイツに対する一連の攻勢でヨーロッパを横断していく途中、彼らは強制収容所で囚人に遭遇し、解放していきました。 多くは、ドイツ内陸部への死の行進を生き残った人々でした。 解放後、ユダヤ人の生存者の多くは、反ユダヤ主義思想とホロコーストの際のユダヤ人コミュニティの破壊のため、東欧地域に戻ろうとはせず、 戻れば、命の保証はありませんでした。 ホロコーストを生き延び、故郷を失った人々は、連合国軍によって解放された土地を求めて西側に移動しました。そこで彼らは、ヨーロッパを離れるまで難民キャンプ(DP)や難民センターに住んだのです。

謄本

1945年に連合国軍がナチスドイツを打倒したことにより、ホロコーストを生き延び、ヨーロッパ全域の強制収容所に収容されていた数万人のユダヤ人が解放されました。

連合国軍はドイツとオーストリアの地域を占領していき、 ベルリンやウィーンもいくつかの占領地域に分割されました。

生存者と難民を住まわせ、保護するため、連合国軍は占領地域とイタリア全土に難民キャンプを作りました。

数百もの難民キャンプを管理したのが、国連救済復興会議でした。

ユダヤ人難民の多くが、ドイツ国内のアメリカおよび英国占領地域の難民キャンプおよび難民センターに住みました。

ユダヤ人組織から多くの支援を得ました。 1947年の中頃になると、難民キャンプに住むユダヤ人の数は250,000人に達しました。

ホロコーストの恐怖と戦後の反ユダヤ主義および暴力により、ほとんどのユダヤ人はヨーロッパを離れようとしていました。

目的地としてパレスチナを望むユダヤ人が増え、米国への入国を目指す人々も多くいました。

しかし、米国は相変わらず移民を制限しており、パレスチナを管理していたイギリスも、ユダヤ人の移民を厳しく制限していました。

数千人ものユダヤ人難民がイギリスによる規制を逃れてパレスチナに入植しようとしました。

彼らはヨーロッパ全土に張り巡らされた逃げ道を利用してヨーロッパを離れましたが、その後は苦しい航海に悩まされました。

戦後、「ブリハー」(「飛行」または「避難」を意味するヘブライ語)という、東欧からの連合国軍占領地域とパレスチナへの入植活動が開始しました。

船でパレスチナを目指した難民の90%以上が英国海軍の妨害を受けました。

英国当局により、難民は主に地中海のキプロス島にあった収容所に強制的に収容されました。

1948年までに、英国はキプロスの衛生状態が劣悪な収容所に50,000人を超えるユダヤ人難民を拘束しました。

また、移民船「エクソダス1947」で難民をヨーロッパに帰還させて収監しました。

1948年5月14日、イスラエルの建国宣言により、この新しい国にユダヤ人が無制限に入植できる時代の幕が明けました。

1948〜1951年、ヨーロッパにいたユダヤ人難民の半分以上が自由にイスラエルに入植できました。


タグ


  • US Holocaust Memorial Museum

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.