<p>A group of young German boys view<em> Der Stuermer</em>, <em>Die Woche</em>, and other <a href="/narrative/81/ja">propaganda</a> posters that are posted on a fence in Berlin, Germany, 1937.</p>

ナチスのプロパガンダ

「プロパガンダは、全国民に教義を強要する。 プロパガンダは、思想の視点から一般市民に作用し、この思想の勝利に向けて一般市民を準備させるものだ。」 アドルフ・ヒトラーは、その著書「Mein Kampf(我が闘争)」にこのように書きました。ヒトラーはこの著書の中で初めて、国家社会主義の理想、中でも人種差別、反ユダヤ主義、そして反ボルシェビキ主義を広めるために、プロパガンダの利用を主張しました。

1933年にナチスが権力を握った後、ヒトラーはヨーゼフ・ゲッベルスが指揮する国民啓蒙および宣伝省を創設しました。 同省の目的は、美術、音楽、演劇、映画、書籍、ラジオ、教材、新聞を通じてナチスのメッセージを確実に広めることでした。

ナチスのプロパガンダは、複数の聴衆を対象としていました。 ドイツ人には、外国の敵とユダヤ人による転覆活動に対する奮闘を思い起こさせました。 ユダヤ人に対する法律制定や行政対策が取られる以前の期間、特に1935年(9月のニュルンベルク法の布告前)と1938年(「水晶の夜」に続く数々の反ユダヤ主義的な経済法が制定される前)には、プロパガンダ運動によってユダヤ人に対する暴行に寛容な雰囲気が創り出されました。 プロパガンダはまた、ナチス政府による介入と「秩序の回復」を描写しているかのように見えたため、ユダヤ人に対する差し迫った措置への服従と受容を奨励しました。

第一次世界大戦後にドイツを犠牲にして領土を獲得したチェコスロバキアトポランドのような東ヨーロッパの諸国において、ドイツ系の人々に対して実際に行われた差別、また行われたと考えられた差別は、ナチスのプロパガンダの主題でした。 このプロパガンダは、ドイツ系市民の間に政治的な忠誠心と、いわゆる民族意識を引き起こすことを狙ったものです。 これはまた、ナチスドイツは譲歩や合併に関して無理のない公正な要求をしているだけだとして、ヨーロッパの強国を含む外国政府を欺くことを狙ったものでもありました。

ドイツ軍によるソ連侵攻後、ナチスのプロパガンダは、母国の市民と、占領下の領土にいる兵士、警察官、および非ドイツ人補助部隊員の両方に、ソ連の共産主義をヨーロッパのユダヤ民族と関連付けるテーマを強調し、「西洋」文化をユダヤ-ボルシェビキの脅威から守る擁護者としてのドイツを提示し、ソ連が戦争に勝った場合に起こり得る終末論的な状況を描写しました。 これは、1943年2月のスターリングラードにおけるドイツの壊滅的な敗北後に特に行われました。これらのテーマはナチスおよび非ナチスのドイツ人、そして地元の協力者に最後の最後まで戦うことを説得するための手段であったのかも知れません。

映画は特に、人種的な反ユダヤ主義、ドイツ軍事力の優位性、そしてナチスの思想に定義される敵国の本質的な悪を広めるために重要な役割を果たしました。 ナチスの映画は、ユダヤ人をアーリア系社会に侵入する「人間以下」の生き物であるとして描きました。 たとえば、フリッツ・ヒップラー監督の「永遠のユダヤ人」(1940年)では、ユダヤ人はセックスと金銭にとらわれ、さまよう文化的な寄生生物として描かれました。 レニ・リーフェンシュタールによる「意志の勝利」(1935年)などのいくつかの映画では、ヒトラーと国家社会主義運動が美化されました。 リーフェンシュタールの別の2つの作品「民族の祭典」と「美の祭典」(1938年)は、1936年のベルリンオリンピックを描き、オリンピックでのナチス政権の成功に対する国家威信を向上させました。

ドイツの新聞は、中でもとりわけ「シュテュルマー」(突撃兵)が、反ユダヤ主義的な風刺画を使ってユダヤ人を描写した漫画を掲載しました。 1939年のドイツによるポーランド侵攻によって第二次世界大戦が始まると、ナチス政権はプロパガンダを採用してドイツ市民と兵士に、ユダヤ人は人間以下であるだけでなく、ドイツ帝国の危険な敵であることを印象付けました。 ナチス政権は、ドイツ人の入植地からユダヤ人を永久的に排除することを狙った政策の支持、最低でもその黙認を引き起こそうとしたのです。

「最終的解決」と呼ばれたヨーロッパ在住のユダヤ人の大量殺戮の実施中、絶滅収容所の親衛隊幹部は、ユダヤ人をドイツと占領下のヨーロッパからできるだけ円滑に追放するために必要な偽装を、ホロコーストの犠牲者に強制的に維持させました。 強制収容所と絶滅収容所の職員は、ガス室で間もなく殺害される囚人の多くに、自分たちは大事にされ、良い環境で生活しているといった内容の葉書を自宅に郵送させました。 ここでは、収容所の責任者が残虐行為と大量殺戮を隠すためにプロパガンダを利用したのです。

1944年6月、ドイツ治安警察は、国際赤十字社の代表団にボヘミアおよびモラビア保護領(現在のチェコ共和国)にあるテレージエンシュタット収容所ゲットーの視察を許可しました。 親衛隊と警察は、1941年11月にドイツ国内向けのプロパガンダの手段として、テレージエンシュタットを設立しました。 この収容所ゲットーは、ドイツ系およびオーストリア系ユダヤ人の高齢者、傷病退役軍人、または地方で知られていた芸術家や音楽家が「東方へ」または「労働」のために移送されることに当惑したドイツ人向けの説明として使用されました。 1944年の訪問に備えるため、このゲットーでは「美化」プログラムが実施されました。 視察後、保護領の親衛隊幹部は、テレージエンシュタットのユダヤ人「住民」が享受していると信じられていた善意ある待遇を実証するために、このゲットーの住民を使った映画を制作しました。 映画が完成すると、親衛隊幹部は映画に出演した「俳優」のほとんどをアウシュビッツ・ビルケナウ収容所に移送しました。

ナチス政権は最後の最後まで、プロパガンダを効果的に使ってその征服戦争の支持にドイツ市民を動員しました。 ナチスのプロパガンダは、ヨーロッパのユダヤ人、そしてナチス政権のその他の犠牲者の大量殺戮を実行した人に動機を与える上でも同様に重要でした。 また、人種的な迫害と大量殺戮の傍観者となった何百万人ものその他の人々の黙認を獲得する役目も果たしました。