プロパガンダ (簡約記事)

ナチス政権は、ドイツ国民を動員して征服戦争を支持させるためにプロパガンダを利用しました。人種差別と反ユダヤ主義のプロパガンダは、ヨーロッパ系ユダヤ人の大量殺戮を実行する人々の動機付けに不可欠でした。またプロパガンダは、人種的な迫害と大量殺戮に対する他の何百万人もの人々の服従を得る役目も果たしました。

1933年にナチスが権力を握った後、アドルフ・ヒトラーはヨーゼフ・ゲッベルスが指揮する国民啓蒙およびプロパガンダの宣伝省を創設しました。同省の目的は、美術、音楽、演劇、映画、書籍、ラジオ、教材、新聞を通じてナチスのメッセージを確実に広めることでした。特に映画は、人種的な反ユダヤ主義、ドイツ軍の軍事力の優位性、そしてナチスの思想に定義される敵の本質的な悪を広めるために重要な役割を果たしました。ナチスの映画は、ユダヤ人をアーリア社会に侵入する「人間以下」の生き物として描きました。レニ・リーフェンシュタールによる「意志の勝利」(1935年)などの映画では、ヒトラーと国家社会主義運動が美化されました。ドイツの新聞、とりわけ「シュテュルマー」(突撃兵)は、反ユダヤ主義的な風刺画を使ってユダヤ人を描写した漫画を掲載しました。

ドイツ軍によるソ連侵攻後、ナチスのプロパガンダは母国の市民と占領地で兵役に就いている軍人の両方に、ソ連の共産主義をヨーロッパのユダヤ民族に関連付けるテーマを強調し、ソ連が戦争に勝った場合に起こり得る終末論的な状況を描写したのです。