A witness is sworn in at the trial of 61 former personnel and prisoners from the Mauthausen concentration camp. [LCID: 11724]

戦争犯罪裁判

法律は、ジェノサイドを糾弾する1つの方法です。 第二次世界大戦後、国内外の裁判所で、告発された戦争犯罪人の裁判が行われました。 1942年の冬から、連合国の各政府は枢軸国の戦争犯罪人を処罰することを発表しました。 1942年12月17日、米国、英国、ソ連の指導者はヨーロッパのユダヤ人の大量殺戮に言及する初の合同宣言を行い、一般市民に対する犯罪に責任がある個人を起訴する決意を正式に表明しました。

米国、英国、ソ連の各政府の外相によって署名された1943年10月のモスクワ宣言は、停戦時点で、戦争犯罪に責任があると見なされた人物は犯罪行為が行われた国々に送還され、当該の国の法律に従って裁かれるとしました。 その犯罪が特定の地理的場所に割り当てることができない主要な戦争犯罪人は、連合国政府の合同決定により処罰されることになりました。 戦後の戦争犯罪裁判の中でも最もよく知られる国際軍事裁判(IMT)におけるドイツ主要幹部の裁判は、連合国の裁判官によりドイツのニュルンベルクで行われました。

1945年10月18日から1946年10月1日にかけてIMTは、平和に対する罪、戦争犯罪、人道に対する罪、および当該犯罪の共謀に関する容疑で、22人の「主要」な戦争犯罪人を裁判にかけました。 IMTは、人道に対する罪を「殺人、絶滅、奴隷化、移送、または政治的、人種的、宗教的理由による迫害」と定義しました。 有罪判決を受けた被告人のうち12人は死刑に処され、その中には国家元帥のヘルマン・ゲーリング、ハンス・フランク、アルフレート・ローゼンベルク、ユリウス・シュトライヒャーが含まれていました。 IMTはまた、3人を終身刑に、4人を10〜20年の禁固刑に処しました。 3人の被告人は無罪の判決を受けました。

IMTの保護の下に、米軍裁判所はニュルンベルクにてドイツ人高官に対するさらに12件の裁判を行いました。 これらの裁判はよく「ニュルンベルク継続裁判」と総称されています。 1946年12月から1949年4月までに、米国の検察官は177人を裁判にかけ、97人の被告の有罪判決を勝ち取りました。 裁判にかけられた被告人には、主要な医師、アインザッツグッペン(移動虐殺部隊)の隊員、ドイツ司法省とドイツ外務省の役人、ドイツ軍最高司令部の将校、ドイツの主要な実業家が含まれていました。

1945年以降の戦争犯罪裁判の圧倒的多数は、下級の役人や職員に対するものでした。 戦後数年間、米国、英国、フランス、およびソ連というドイツ(およびオーストリア)占領連合国4か国は、それぞれの占領地区において裁判を行い、また戦時中の犯罪についてさまざまな犯罪者を裁判にかけました。 初期の占領地区、特に米国占領地区における裁判の多くは、ドイツまたは枢軸国軍に捕らえられた連合国軍人の殺害に関するものでした。 しかし、やがて連合国は、強制収容所護衛兵や指揮官のほか、連合国軍の占領地域で迫害を受けたユダヤ人やその他の人々に対して犯罪を犯したその他の犯罪者にその司法権を拡大しました。 ドイツの強制収容所システムに関する初期の情報の多くは、これらの裁判における証拠や目撃者の証言から得られたものです。

連合国占領軍当局はドイツの非ナチス化に関心を示し、ドイツの裁判制度の再建をこの方向における重要なステップと見なしていました。 1945年12月公布の連合国管理理事会法第10号により、ドイツの司法裁判所は、戦時中にドイツ市民によって他のドイツ国民または国籍がない個人に対して行われた犯罪に刑を申し渡す権限を与えられました。 この理由から、占領軍当局は犠牲者と加害者両方が圧倒的にドイツ国民であった安楽死関連犯罪を、新しく再建されたドイツの裁判所に任せました。 これらの訴訟は、戦後時代初期の最初のドイツ国民裁判となりました。 ドイツ連邦共和国(西ドイツ)とドイツ民主共和国(東ドイツ)の両国は、それぞれ独立国家として樹立した後にも数十年にわたり、ナチス時代の被告人に対する裁判を行い続けました。 これまで、連邦共和国(昔の西ドイツ、現在の統一ドイツ)は、925もの訴訟で国家社会主義時代の犯罪の被告人を裁きました。 多くの反対者が、老齢化する被告人や上官からの命令に従ったと主張した被告人に無罪判決や軽い刑を与えたとして、特に1960年代および1970年代に行われたドイツの訴訟を批判しました。

第二次世界大戦中にドイツ占領下にあった多くの国や、一般市民(特にユダヤ人)の迫害においてドイツに協力した国も、第二次世界大戦後に何年間も国内裁判を行いました。 ポーランド、旧チェコスロバキア、ソ連、ハンガリー、ルーマニア、フランス、その他各国は、1945年以降の数十年で、ドイツ人および現地協力者から成る数千人の被告人を裁判にかけました。ソ連では、第二次世界大戦の終戦よりずっと前の1943年に、現地協力者に対する最初の裁判、クラスノダール裁判が行われました。 おそらくポーランドで最も有名とされる戦後の国内裁判は、1947年にクラクフで行われました。 この訴訟では、アウシュビッツ強制収容所の数多くの作戦員が裁判にかけられ、アウシュビッツ強制収容所の指揮官ルドルフ・ヘスなどが死刑を宣告されました。 ドイツ人加害者に対して行われた最も有名な国内裁判のひとつは、エルサレムで行われました。 1961年にイスラエルの法廷で行われたユダヤ人の移送の主要立案者アドルフ・アイヒマンの裁判は、世界中の注目を集め、新しい戦後世代にホロコースト犯罪に対する関心を引き起こしました。

残念なことに、ナチス時代の犯罪行為の加害者の多くが裁判にかけられることもなく、また罰されることもありませんでした。 多くの場合、国家社会主義犯罪のドイツ人加害者は単にドイツ社会での普通の生活と仕事に戻ったのです。 ドイツおよび枢軸国の戦争犯罪人の追跡は、今日もまだ続いています。