歴史映画の場面

アインザッツグルッペン裁判: 米国検察当局がジェノサイドの有罪を証明する

ニュルンベルグの国際軍事裁判で主要戦争犯罪人の裁判が行われた後、米国はニュルンベルグにて他の一連の戦犯裁判を行いました。これはニュルンベルグ継続裁判と呼ばれています。 ニュルンベルグの米国軍事法廷で行われた第9裁判では、東側前線のユダヤ人をはじめとする人々を殺害する任務を与えられたアインザッツグルッペン(移動虐殺部隊)の隊員に焦点が当てられました。 検察当局の冒頭陳述を示したこの映像では、米国の検察官ベン・フェレンスが、戦争犯罪と人道に対する犯罪との違いについて説明しています。 その課程において、フェレンスはジェノサイドの有罪を証明します。

謄本

国際裁判におけるイギリス検察官のサー・ハートリー・ショークロスは、「人間の意識に衝撃を与えるやり方で国家により踏みにじられた人権に代わり、人道的な調停を行う権利は、国際法の一部に含まれるものと見なされています」と指摘しました。 ドイツ人の法学教授たちも、文書でこれを宣言しています。 各国家の管轄権は、「犯罪者または犯罪場所を問わず」、国際法の違反に対する処罰に適用されます。 したがってこの法廷は、これらの国際犯罪に対する起訴を審問し、文明化の名のもとにこれらの犯罪を裁く完全な権利があります。 我々が行った起訴は、人道に対する犯罪を行った被告人たちを告訴するものです。 我々が法廷で断言したこれらの行為は、「人道に対する犯罪」と「戦争犯罪」の2つの訴因として告発されます。 したがってこれらの行為は、個別の異なる犯罪として告発されます。 これは目新しいことではありません。 単体で罰すべき暴行は、より重大な強奪の罪の一部である可能性があるので、両方の犯罪を告発することは適切な申し立てです。 このため、戦争中の無防備な市民の殺害は戦争犯罪ではありますが、同じ殺害は別の犯罪の一部でもあります。 より重大な犯罪は、ジェノサイド、つまり人道に対する犯罪です。 これが、我々が冒頭陳述の中で主張する違いです。 これは真の狙いであり、最も重要な意味を持ちます。 考えられる誤解を避けるために、2つの犯罪の違いについて指摘させてください。 戦争犯罪は、戦争法規に違反する行為および不作為です。 その本質から、この犯罪は交戦国の国民のみに影響があり、平和の時代にその犯罪を犯すことはできません。 人道に対する犯罪にはこのような境界はありません。 これは、任意の国家の国民に対し、任意の時期に犯される、根本的な人権の計画的侵害であるという点において、単なる戦争犯罪とは根本的に区別されるものです。


  • National Archives - Film

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.