歴史映画の場面

1936年夏期オリンピックの開会式

1933年、ナチ党のリーダーであるアドルフ・ヒトラーはドイツの首相となり、ドイツの脆弱な民主政治を1党の独裁政権へとまたたく間に変貌させていきました。 警察は数千人の政治反対者を一斉検挙し、裁判なしに彼らを強制収容所に拘置しました。 さらにナチス政権は、ドイツの「アーリア人」人種を「純血化」し、強化する目的の人種政策を実施していきました。 容赦ない作戦により、ドイツに住む50万人のユダヤ人は、ドイツのあらゆる生活から除外され始めたのです。 1936年8月の2週間にわたり、ベルリンでは夏季オリンピック大会を開催していた間、アドルフ・ヒトラーは反ユダヤ主義と拡大主義の政策を隠そうとしました。 オリンピックのためにドイツに来た多くの外国人訪問者を印象付けるために、ヒトラーは反ユダヤ活動を一時的に緩和することを許可しました(公衆の場へのユダヤ人の立ち入りを禁止する看板さえ取り除きました)。 オリンピック大会ではナチスのプロパガンダは大きな成功を収めました。 彼らは平和で寛容なドイツのイメージを外国の観客に印象付けたのです。 ここではヒトラーが正式にベルリンの1936年夏季オリンピック大会の開会宣言を行います。 新しいオリンピックの儀式にのっとり、古代オリンピックの開催地であるギリシャのオリンピアからリレーにより運ばれてきた聖火を持つ一人のランナーが到着しました。

謄本

私は、第11回近代オリンピアを祝し、ベルリンオリンピック大会の開会をここに宣言します。


  • National Archives - Film

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.