歴史映画の場面

米軍兵士がハダマルを視察する

ナチスが使用した「安楽死」という言葉は、ナチスが「生きている価値がない」と見なした人々の殺害を意味していました。 1941年、ハダマル精神病院は、ドイツの安楽死絶滅収容所の1つとして機能していました。 安楽死の対象としてドイツ人医師が選択した患者は、ハダマルをはじめとする施設に移送され、ガス室で殺害されたのです。 ハダマルでは1941年8月に安楽死プログラムが公式に終了するまでに、10,000人を超える人々がガスで殺害されました。このプログラムは公式には終了したものの、ハダマルでは致死注射による殺害が継続されました。 戦後、米軍兵士がこの施設を映像に収め、生存していた患者を介抱しました。


  • National Archives - Film

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.