キャサライナ・スープ

キャサライナ・スープ

生まれました: January 3, 1923

オランダ、アムステルダム

家族や友人に「イナ」と呼ばれたキャサライナは、アムステルダムの信心深いユダヤ人家庭に育ちました。イナの父親は、ダイヤモンド加工業者として成功し、アムステルダムユダヤ人コミュニティの団長でした。イナにはベノという兄とジョゼットという姉がいました。

1933-39: 日曜日の朝と、水曜日のアムステルダム・モンテッソーリ学校の授業の後は、私立のユダヤ人学校に通い、ユダヤ人の歴史やヘブライ語を勉強していました。友人と私は、宿題を終えた後の夕方に会って、レコードを聞いたりおしゃべりをしたりするのが好きでした。そして家に戻ると、数か月も離れていたかのように、お互いに電話をかけました。電話をかけないときは、次の日の朝に学校で渡すための手紙も書いていました。

1940-44: 1940年5月、ドイツ軍がオランダに侵攻し、数週間後、私は高校を卒業しました。私の家族は1943年に一斉検挙されました。私たちはオランダのヴェステルボルク収容所に連れて行かれ、そして8か月後にはベルゲン·ベルゼン強制収容所に送られました。1944年、ナチスはビジネスに詳しいユダヤ人のコネを利用して、ダイヤモンド産業を構築することを決めました。私の父はダイヤモンドを加工していたので、私たちは死の収容所には送られず、家族と一緒に暮らしました。ドイツの敗北が明らかになると、ダイヤモンド計画は中止になりました。

ソ連軍が進軍すると、イナや他の囚人たちは列車に乗せられて西へ向かいました。1945年4月13日に米軍によって解放され、イナは1951年に米国に移住しました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.