ヘレン・メラニー・ルベル

ヘレン・メラニー・ルベル

生まれました: September 15, 1911

オーストリア、ウィーン

ユダヤ人の父とカトリック教徒の母のもとに2人娘の長女として生まれたヘレンは、ウィーンでカトリック教徒として育てられました。 ヘレンの父は、彼女が5歳のとき、第1次世界大戦中の戦闘で死亡し、彼女の母は彼女が15歳のときに再婚しました。ヘリーの愛称で親しまれていたヘレンは、水泳とオペラ鑑賞が大好きでした。 彼女は中等教育を終えた後、法律学校に入学しました。

1933-39: 19歳のとき、ヘレンに精神病の兆候が現れました。 1934年に病状が悪化し、1935年までには法律の勉強と弁護士秘書の仕事を辞めざるを得ませんでした。 可愛がっていたフォックステリアを亡くした後、彼女は衰弱がひどくなりました。 彼女は統合失調症と診断され、ウィーンのシュタインホフ精神病院に入院させられました。 2年後の1938年3月、ドイツがオーストリアを併合しました。

1940: ヘレンはシュタインホフ病院に閉じ込められ、病状がよくなったにもかかわらず、帰宅を許されませんでした。 彼女の両親は、彼女がすぐに解放されるものと信じ込んでいました。 ところが、ヘレンの母は8月に、へレンがババリアの国境を越えたところにあるニーデルンハートの病院に移送されたことを知らされました。 実際には、ドイツのブランデンブルグにある転用された刑務所に移されました。そこで衣服を脱がされ、身体検査を受けて、シャワー室に入らされました。

ヘレンはその年にブランデンブルグの「安楽死」センターでガスで殺害された9,772人の1人となったのです。 彼女は公式には、「急性統合失調症の発作」により部屋で死亡したと記録されました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.