ヘーノホ・コルンフェルト

ヘーノホ・コルンフェルト

生まれました: 1938

ポーランド、コルブショバ

ヘーノホの信心深いユダヤ人の両親は1937年に結婚しました。彼の父のモイシュ・コルンフェルトと母のリバ・サレシュッツは、ヘーノホの母が育ったコルブショバに移住しました。 そこで、リバの父は新婚夫婦に家を買い、娘婿を布地の卸売業に就かせました。

1938-39: ヘーノホは1938年終わり頃に生まれ、大勢の叔母、叔父、従兄弟たちに囲まれて育ちました。 ヘーノホの最初の誕生日の頃、ドイツがポーランドに侵攻し、ほどなくコルブショバに進軍しました。 馬に乗ったポーランド軍の兵士はドイツ軍と戦おうとしましたが、戦車には敵いませんでした。 短い戦闘の後、通りは馬の死体であふれました。 ヘーノホの町はドイツ軍の支配下に入りました。

1940-42: 子供を含めた町中の人がハーフェンビールのことを知っていました。彼は、コルブショバに赴任してきた、ブルドッグのような顔の悪意に満ちたドイツ人警察官でした。 ハーフェンビールは町のユダヤ人の多くを恐怖に陥れ、殺害しました。 ヘーノホはよく町の子供たちとゲームをしました。ハーフェンビールの顔を真似て、友達にこう言っていたものでした。「おまえがユダヤ人だったら、死ぬのだ。」 そして、木片で作った銃で遊び友達を「撃った」のです。 友達は倒れて、死んだふりをしました。

ヘーノホと彼の家族は、1942年6月25日にジェシェフのゲットーに移送され、7月7日にベルジェッツ絶滅収容所に移送されて、ガス室で殺害されました。 ヘーノホは3歳半でした。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.