ルツ・ハーゼ

ルツ・ハーゼ

生まれました: February 21, 1914

ポーランド、ブジェシニア

ルツは、ブジェシニアがまだドイツの一部だった当時、信心深いユダヤ人両親のもとに2人兄弟の1人として生まれました。第一次世界大戦後、ブジェシニアはポーランドの領土になりました。ドイツ市民のままでいたかったルツの家族はニュルンベルグに引っ越しました。そこで、父親が伝統的なユダヤの精肉店を開きました。1926年にハーゼ家はベルリンに移って精肉店を再建しました。

1933~39年:ベルリンの多くのユダヤ人と同様、私は1937年にゲシュタポから労働任務を割り当てられました。私は電線を敷いて、わずか37セントの日当を受け取っていました。1938年11月10日、ナチスがユダヤ教会や神聖な本を破壊し、ユダヤ人が経営する店のウィンドウを打ち砕いた Kristallnacht(水晶の夜)と呼ばれる暴動の後、私は他の大勢のユダヤ人と一緒にベルリン郊外の強制労働収容所に移送されました。そこで、私たちは足を鉄の鎖でつながれ、線路の修理をさせられました。

1940~44年:2年間の強制労働の後、私は衰弱し働けなくなっていました。司令官は私を、1日以上生き延びた者が少なかったという地下のガス室に送りました。私が死刑を言い渡されたときに居合わせた親衛隊大将は、戦争が始まる前、私のクラスメートでした。彼はこっそりと私に言いました。「君のことを覚えているよ。切手収集を始めるのを手伝ってくれたね。今度は私が君を助ける番だ。」「大将、任務を果たしてください」と私は言いました。彼は「そんなことをしたら、私は二度とお天道様を見られない」と答えました。そして彼のコネを利用して、私を上海へ移送するように手配してくれました。

ルツは1940年に上海に到着し、そこでソ連の通信社やラジオの報道から得た戦争の情報を載せた新聞を発行しました。彼は1949年にカナダに移住しました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.