レミー・デュモンセル

レミー・デュモンセル

生まれました: October 28, 1888

フランス、ロモランタン

レミーはカトリック教徒の両親のもとに、フランスの小さな町で生まれました。 パリ大学で法律を学んだ後、1913年にパリのテヤンディエ出版社に入社しました。 第1次世界大戦中フランス軍に入り、5回負傷しました。 戦後、テヤンディエでの仕事に復帰し、経営者の娘であるジャーメーン・テヤンディエと結婚しました。 5人の子供に恵まれ、彼らを敬虔なカトリック教徒として育てました。

1933-39: 1935年にレミーは、パリの南東約35マイルのところにある小さな町、アヴォンの市長になりました。 レミーは、王宮があり、フォンティーヌブローの森に近いことで有名なこの町を誇りに思っていました。 愛国心の強いフランス人であった彼は、ヒトラーが1933年に政権を握ってから、ドイツに不信感を抱くようになりました。

1940-44: 1940年6月にドイツがフランスに勝利し、16日にアヴォンを占領しました。 レミーは市長に留まることを決意し、「ヴェリテ・テルモピレー」と呼ばれるレジスタンスグループで活動しました。 彼はユダヤ人や、作品を出版できなくなった他の作家たちに資金的援助を行いました。 彼は、自宅のあったドルドーニュにアルザス地方のユダヤ人を何人か匿いました。 市長室を使ってユダヤ人やその他の逃亡者を保護し、偽造書類を使って彼らがフランスの非占領地域や隠れ家のある南へ逃げるのに手を貸しました。

レミーは1944年5月4日に、パリへの出張から戻った後、アヴォンでゲシュタポに逮捕されました。 1945年3月15日にノイエンガンメ強制収容所で死亡しました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.