ソーシャ・フレンキール

ソーシャ・フレンキール

生まれました: 1898

ポーランド、ワルシャワ

ソーシャとその夫イサドアの間には7人の子どもがいました。敬虔なユダヤ教であるフレンキール一家は、ワルシャワ近郊のゴンビンという町の一部屋アパートに住んでいました。ゴンビンに住む多くのユダヤ教徒と同様、シナゴーグの近くに住んでいました。ソーシャは子どもたちの世話をして、イサドアは帽子製造業を営み、町で週に一度のマーケットで帽子を売っていました。

1933~39:世界大恐慌によりイサドアの事業は落ち込みましたが、何とか家族を養っていました。1939年9月1日にドイツ軍がポーランドを侵攻して間もなく、ゴンビンは占拠されました。ドイツ人は通りで10人を射殺し、医者や教師といった人々を連れ去りました。それからシナゴーグにガソリンを撒き、火を放ちました。

1940~45:1941年、移送から逃れた従兄弟がフレンキール一家を訪れてきます。ユダヤ人虐殺の噂が本当であると告げ、「君たちはトラックで運ばれ、毒ガスで殺されて穴に入れられて焼却されてしまう」と警告しました。ソーシャの3歳の息子は「僕も焼かれてしまうの?」と泣きました。イサドアは、ユダヤ人の長老たちに話すよう従兄弟に訴えました。しかし、従兄弟の話を聞いた長老たちは信じようとしませんでした。1942年5月、ソーシャの息子3人が強制労働に連れて行かれてから2ヵ月後のこと、ドイツ人はゴンビンのユダヤ人全員を拘束しました。

ゴンビンのユダヤ人は、1942年5月にヘウムノ絶滅収容所に移送されます。ソーシャとイサドア、そして4人の息子は、密封したトラックの中で排気ガスにより窒息死させられました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.