詳細
地図

占領下のポーランドの絶滅収容所、1942年

絶滅収容所は、大量虐殺の実行を目的とした収容所でした。 1941年から1945年までの間に、ナチスは旧ポーランド領内にヘウムノ、ベウジェツ、ソビボル、トレブリンカ、アウシュビッツ・ビルケナウ(アウシュビッツ収容所の一部)、マイダネクの6か所の絶滅収容所を建設しました。 ヘウムノとアウシュビッツは、1939年にドイツに併合された地域に建設されました。他の収容所(ベウジェツ、ソビボル、トレブリンカ、マイダネク)は、ポーランド総督府内に設置されました。 アウシュビッツとマイダネクは共に、強制収容所、強制労働収容所、絶滅収容所として使われました。 絶滅収容所の犠牲者の大多数は、ユダヤ人でした。 「最終的解決」の一環として、推定で350万人のユダヤ人がこれらの6か所の絶滅収容所で殺害されました。 犠牲者には、ロマ族(ジプシー)やソ連の戦争捕虜も含まれていました。


  • US Holocaust Memorial Museum

シェア

前の記事

Killing centers in occupied Poland, 1942 [LCID: pol72090]

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.