証言者の歴史

ベンジャミン・(ベン)・ミード

ベンは、信仰心の厚いユダヤ人の家庭に生まれた4人の子供たちの1人でした。 1939年9月1日、ドイツはポーランドに侵攻しました。ドイツ軍がワルシャワを占領すると、ベンはソ連占領下のポーランド東部に逃げることに決めました。 しかしすぐに、ワルシャワのゲットーにいる家族のところに戻ることにしました。 ベンはゲットーの外での労働に割り当てられたので、ゲットーから人々を逃がす手助けをしました。逃がした人の中には、ユダヤ人戦闘組織(ZOB)のメンバーで後に彼の妻になったブラドカ・(ファジェレ)・ペルテルも含まれていました。 その後、彼はゲットーの外で潜伏生活に入り、非ユダヤ系ポーランド人を装いました。 1943年のワルシャワゲットー蜂起において、ベンは他の地下組織メンバーと共に、ゲットーで戦う人々を救い、下水道を通って彼らを連れ出し、ワルシャワの「アーリア人」地域に潜伏させました。 ベンはワルシャワの「アーリア人」地区から、蜂起中のワルシャワゲットーの火災を目撃しました。 蜂起後、ベンは非ユダヤ系ポーランド人を装ってワルシャワから脱出し、 解放後には父母と妹との再会を果たしました。

謄本

ワルシャワの空一面が赤かったのです。 真っ赤でした。炎がゲットー全体を覆い尽くし、町中を照らしていました。 翌週はしゅろの聖日でした。 私は両親と共に隠れ家になどいられませんでした。 しゅろの聖日に私は外に出て、とても古い教会があるプラック・クラシンスキに行きました。自分にとって最も安全な場所は教会だと思っていました。 私はその教会に行き、ミサに出席しました。神父からは、 通りの向こう側で戦って死んでいる数百人もの人々や火事のことは、まったく言及されませんでした。 私はまさに全説教を聴く善良なキリスト教徒のようでした。 ポーランドの伝統的なミサでは、終了後に神父が教会の正面に行き、全教区民に挨拶します。他の国でも同じように行われると思いますが、ポーランドではそれが慣例です。 神父はすべてのポーランド人に挨拶しました。通りの向こうには回転木馬のある遊び場があり、音楽が演奏されていました。人々は回転木馬に子供を乗せ、美しく正装していました。それは日曜日でしゅろの聖日でした。 音楽が演奏され、私は燃えさかるゲットーを見ながら、その反対側に立っていました。 ときどき、「見ろ、人々が屋根から跳び下りている」と叫ぶ声が聞こえました。 「ユダヤ人が丸焼けになっている」という声も聞こえました。 これはただポーランド語からの意訳です。 しかし同情の声はまったく聞こえてきませんでした。 違った見方をしている人がいたかもしれません。しかしそれは決して聞こえませんでした。 ここにいる自分は無力で何もできず、ただ見ているだけでした。抗議さえできず、怒りを示すことさえもできないことに、胸が張り裂けそうでした。 ときどき私は自分の体を使って、たとえ人生を犠牲にしてでも、叫び声をあげるなど何かをしなければならないと感じていましたが、実際にはしませんでした。 私は叫び声をあげませんでした。 何もしませんでした。 ただ傷つきました。 しかしその光景は一生私の中に残っています。


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.