証言者の歴史

ドリス・グリーンベルク

ドイツ軍は1939年にポーランドに侵攻し、1940年にはワルシャワにゲットーを建設しました。ドリスは両親が強制移送された後、姉や親戚と一緒に隠れました。 ドリスの姉と叔父が殺され、両親も既に殺害されていることがわかりました。 ドリスの祖母は自ら命を絶ちました。 ドリスはゲットーから逃れ、ユダヤ人の身分を隠して女中兼料理人として過ごしましたが、最終的にラーフェンスブリュック収容所に送られました。 収容所に到着した後、ドリスと友人のペピは毒を飲んで命を絶つことを考えましたが、結局はその考えを捨てました。

謄本

浴室に行ったとき、私たちはそこで死ぬのだと思いました。 毒を飲むこともできたけれど、もうなくなってしまったし、ガスで殺されるのに時間はかからないだろうと話し合いました。 だから、シャワーから水が出てきたときには非常に驚きました。 本当にシャワーを浴びたのです。 軽石のように見え、それより少し柔らかい灰色の石鹸さえありました。そしてガスは出てこなかったのです。 シャワーを浴びた後、建物の反対側に行き、そこで縞模様の制服を受け取りました。 そのとき、なぜ建物に入る前に毒を飲もうとしたのかを理解しました。私たちの前に入ったグループは決して出てくることがなかったのです。 彼らを見分けることができなかったのです。 頭を剃られ、縞模様の制服を着せられていました。 それから、私たちにも縞模様の制服が渡されました。 サイズはまったく合いませんでした。 大柄の人に小さな制服、 小柄な人に大きな制服。 でも生きて出ることができました。 番号と三角札をもらい、指定された宿舎に行きました。 宿舎に入ると、壁にユダヤ語で名前やメッセージが書かれているのを見ました。多くはイディッシュ語で私には読めませんでしたが、ペピは読めたので、それが囚人の名前だと教えてくれました。 彼女は私にわかるように読んでくれました。 私は読み書きができませんでしたが、ペピはこれらが胸の張り裂けるようなメッセージで、それを書いた人の名前だと教えてくれました。私たちはここに収容された最後の生き残りで、世の人々に私たちのことを伝えているのです。 とても悲しいことでした。


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

このページは次の外国語からも入手出来ます

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.