証言者の歴史

ハンネ・ヒルシュ・リーブマン

ハンネの家族は写真館を経営していました。 1940年10月、ハンネは家族と共に南フランスのギュルス収容所に送られました。 1941年9月、ハンネは児童援助協会(OSE)に救出され、ル・シャンボン・シュール・リニョンの「子供の家」にかくまわれました。 ハンネの母親はアウシュビッツで亡くなりました。 1943年、ハンネは偽造の身分証明書を入手してスイスに逃れました。 1945年にジュネーブで結婚して翌年の1946年に娘をもうけ、1948年には米国に移住しました。

謄本

記憶に残っていることの1つに、1933年4月のボイコットがあります。写真館の窓一面に「ユダヤ人、ユダヤ人、ユダヤ人の店に行くな!」と大きく書かれていました。 こういうことが続きました。 これは私の子供時代の記憶です。 家族との生活はとても楽しいものでした。 でも一歩家の外に出れば違う世界でした。 道路で何回も嫌がらせを受けました。 「汚いユダヤ人」と呼ばれました。 そんなことがよくありました。 長い間、私にはユダヤ人でない友達がいました。でもナチス政策の圧力で彼女たちは私と友達でいることができなくなりました。私も彼女たちと親しくすることはとてもできませんでした。


タグ


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.