証言者の歴史

ルース・マイロウィッツ

フランクフルトで、ルースの家族はエスカレートし続ける反ユダヤ主義政策に直面していました。彼女の父は事業を奪われ、ルースが通うユダヤ人学校は閉鎖されました。1943年4月に、ルースと彼女の家族はアウシュビッツに移送されました。ルースは強制労働者の1人に選ばれ、道路修理に駆り出されました。また「カナダ」区域でも、収容所に持ち込まれた所持品を区分けするために働かされました。1944年11月に、ルースはドイツのラーフェンスブリュック強制収容所施設に移送されました。彼女は1945年5月の、マリヒョウ強制収容所からの死の行進中に解放されました。

謄本

私たちは朝集められ、森のようなところまで数キロ徒歩で連行されました。そこは森でした。樹木がまばらなところには、人工の木々が植えられ、頭上には葉っぱのネットが張られ、その下で行われていることをカムフラージュしていました。そして砂丘がありました。そこから木立が出ていました。側面にはドアがありました。このドアから入ると、中はとても近代的な実験室か、とても清潔な工場のように見えました。実際にはそれは軍需品工場で、上空を飛ぶ航空機から非常にうまく隠されていました。そしてこの収容所全体の下には、さまざまな工場が蜂の巣状に配置されていました。私の知っていた1グループは手榴弾を製造していました。私たちのグループは、銃弾を作っていました。あんなに近代的で巧妙に設計された工場だったのに、私たちが銃弾を作っていた方法はとても原始的でした。小さい穴のある板がありました。24個ほどの小さい穴があったと思います。銃弾のカプセルの半分をそれぞれの穴に挿入しました。それに一定量の火薬を詰め、カプセルのもう一方の半分をかぶせました。この板はワッフルアイロンまたはハンバーガープレスのように閉じ、それによって銃弾が出来上がりました。多分普通の銃の銃弾でした。私たちは長いテーブルの席について作業をしていました。それぞれのテーブルには20〜30人の囚人がいました。テーブルの両端には、女性の囚人班長がいて、私たちが正しく作業することを確認していました。とても難しいことでしたが、見つからないように、この板の上の部分と下の部分をできるだけずらすようにしました。私自身、撃たれたり殺されたりしたくなかったからです。斜めに挿入して、銃弾のカプセルは閉じるけれども、完全に閉じないようにし、これらの銃弾が不発に終わるように願っていました。これがナチスに対する戦いへの私のささやかな貢献でした。


タグ


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.