証言者の歴史

ジークフリート・ハルブライヒ

1939年9月1日にドイツがポーランドを侵略した後、ジークフリートは1人の友人と逃走しました。 彼らはフランスの入国許可を得るための書類を取得しようとしましたが、ドイツ軍に引き渡されました。 ジークフリートは拘置所に入れられてベルリンに連行され、1939年10月にベルリンの近くのザクセンハウゼン強制収容所に移送されました。彼はザクセンハウゼンに収容された最初のポーランド系ユダヤ人の1人でした。 収容者は虐待され、強制労働を強いられました。 その2年後に、ジークフリートはグロース・ローゼン強制収容所に移送され、採石場での強制労働を強いられました。 1942年10月にジークフリートはグロース・ローゼンから占領下ポーランドのアウシュビッツ強制収容所に移送されました。 そこにいる間、ジークフリートは薬剤師としての経験を活かして病気の収容者の命を助けようとしました。 ソ連軍が1945年1月にアウシュビッツ強制収容所に迫って来たときに、ジークフリートは収容所からの死の行進を強いられました。 行進に加わることができないか、遅れを取った収容者たちは殺害されました。 ジークフリートは生存しました。

謄本

新しい収容所があり、最初のうちは6つの区画、バラックで構成されていました。夜になると、我々は自分のバラックに連れて行かれ、ここに1年間ずっと収容されました。そこの状態はザクセンハウゼンよりもかなりひどいものでした。 我々は日中は20分くらい離れた所にある採石場に歩いて行かなければなりませんでした。それは山の中にあり、過酷な労働を強いられました。我々はこの採石場で重い石を運ばなければならなかったのです[咳]。人々はまるでハエのように死んでいきました。 帰り道には、誰もが肩に1つの重い石を担いで収容所まで戻らなければなりませんでした。家に、つまり収容所のバラックに戻ると点呼が行われ、収容所を出発したときの人数と同じ数の人々が戻ってきたかどうかが確認され、こう言われました。「収容所のバラックに全員戻れ。ただしユダヤ人は残れ。」 そして、我々は引き続き夜中の12時まで収容所を建設するために働かされました。 まったく食料を与えられずにです。 バラックに戻ってきたときには疲労困憊していて、食欲などありませんでした。 我々はただ眠りにつきました。 そして次の朝、5時か6時に起こされ、同じことが繰り返されたのです。


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.