証言者の歴史

パット・リンチ

パットはヨーロッパの強制収容所の解放中に避難病院で働いた数千人の米国人看護婦の1人でした。 彼女は収容所の生存者を看護しました。解放されたとき、彼らの多くは重体でした。

謄本

まず、救助を試みましたが、患者の多くはすでに死亡していました。 そしてもちろん、ドイツ軍は彼らを直ちに除去していたのです。 まず最初は、最も衰弱している人たちを救助しようとしました。彼らの体を洗い、外に連れ出し、彼らを今のベッドから出そうとしたのです。 そして彼らを看護したのです。 肌の下に少しでも肉が残っていた場合は、水分を注射しました。 これは皮下点滴と呼ばれています。 肩にわずかな脂肪組織、筋肉が残っていた場合には、水分をそこに注射しました。彼らは完全な脱水状態にあったためです。 そして、栄養を与えようとしました。 足下がひどく損傷していて、切り傷だらけになっていた男性たちのことは話しましたか。 彼らは靴下なしで木製の靴を履いていました。 そして、足下がひどい状態の人たちがたくさんいたのです。 ですから我々はその処置を施しました。 それで、AD軟膏か、ほかに見つけられたものを塗り、小さな2×4インチのばんそうこうを貼り、清潔なソックスを履かせたのです。 しかし、飢餓状態にあり、発疹チフスを患っていた患者に対しては、チフスに効く特定の薬はありませんでした。そこで、補助的な治療のみを施したのです。 手元にあったのは粉ミルクと、野菜の缶詰だけだったので、それから食べ物を作りました。 食堂の調理人たちは、スープのようなものを作ろうとしました。 野菜を粉ミルクの中に入れて、それを食べさせようとしたのです。 しかし、水を飲ませることができて、体温を下げることができれば、それが重要なことでした。その当時、発疹チフスのための治療法は何もなかったからです。


詳細

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.