協力 (簡約記事)

ホロコースト時代の最悪の残虐行為のいくつかは協力者が犯しました。反ユダヤ主義、国家主義、民族的嫌悪、反共産主義、日和見主義は、ドイツに占領された国の多数の市民を、ヨーロッパのユダヤ人絶滅政策のナチス政権に協力させることになったのです。

ドイツの枢軸国パートナーは反ユダヤ主義の法律を執行して、ナチス政権に協力しました。ハンガリー、スロバキア、クロアチア、ブルガリア、ヴィシー政権下のフランスでは、地元警察、軍隊、その他の役人は東のドイツ絶滅収容所にユダヤ人を移送するために不可欠でした。枢軸国の一部の国では、ファシスト準軍事組織はドイツ軍の指揮か自主的かにかかわらず、先住のユダヤ人を恐怖に陥れ、略奪、殺害しました。スロバキアのフリンカ警備隊、ルーマニアの鉄衛団、クロアチアのウスタシャ、ハンガリーのアロークロスは、地元の何千人ものユダヤ人の死に責任がありました。

ヨーロッパの東部と南東部では、多数の地元市民がナチス収容所の看守として働き、毒ガスによるユダヤ人大量虐殺に関与しました。リトアニア人、ラトビア人、エストニア人、ベラルーシ人、ウクライナ人などは自らグループを結成して、数百人のユダヤ人や共産主義の疑いがある者を殺害しました。ドイツ軍はこれらの部隊を、ソ連内の占領地域において、数十万のユダヤ人と数百万のユダヤ人以外の大虐殺を助けた残忍な補助警察部隊に再編成したのです。占領期間中、ドイツ軍はソ連の原住民の間から、警察、軍部、民間人執行部のために補助部隊の採用を続けました。

ヴィシー政権下のフランス政府は合法的にユダヤ人を人種で定義して権利を制限することでドイツ軍に協力しました。ヴィシー当局は南フランスに抑留収容所を建設し、ドイツ占領下ポーランドの絶滅収容所へのユダヤ人の移送を援助しました。ドイツがノルウェーに侵攻した後、ノルウェーのファシスト、ヴィドグン・クヴィスリングは自ら首相を宣言しました。ドイツ軍はまもなく彼に幻滅を感じるようになりましたが、クヴィスリングの名前は裏切り者の協力者として英語の辞書に載りました。ベルギーとオランダでは、ユダヤ人の一斉検挙と絶滅収容所への移送に地元市民と警察当局がドイツ軍と緊密に協力しました。