<p>ウッチゲットーの工場で強制労働に従事させられるユダヤ人男性と子供。ウッチ、ポーランド、日付不明。</p>

強制労働: 概要

ナチスは、何百万人もの人々(ユダヤ人とその他の犠牲者の両方)に残酷な条件下で強制労働を強いました。 1933年冬のナチス最初の強制収容所および拘留施設の設立から、まったく無意味かつ屈辱的で、適切な装備や衣類、栄養、または休息もなく課された強制労働は、強制収容所計画の中核を成すものでした。

戦争が始まる前から、ナチスは強制収容所の内外でユダヤ人市民に強制労働を課しました。 早くも1937年に、ナチスは経済的利益と深刻な労働力不足への対応を目的に、いわゆる「国家の敵」に強制労働をますます強要するようになりました。 その年末までに、ドイツに在住していたほとんどのユダヤ人男性がさまざまな政府機関のために強制労働を強いられていました。

1939年秋にドイツがポーランドを制圧し、総統府を開設すると、ドイツ占領当局はすべてのユダヤ人とポーランド人の男性に無給の強制労働を義務付けました。 ドイツ当局はポーランドのユダヤ人にゲットーに住むことを義務付け、そのほとんどが肉体労働であった強制労働に従事させました。 たとえば、ウッチゲットーでは、ドイツの国営および民間企業がドイツの戦争のための物品を生産するため96のプラントや工場を設立しました。 強制労働の執行は、強制収容所の管理方法が変更された後、1942年の春に増大しました。

ユダヤ人にとって、ナチスがヨーロッパの全ユダヤ人を殺害する計画「最終的解決」の実施を開始してからは、働く能力とは生き残る可能性を意味しました。 身体的に働くことができないとされたユダヤ人は、しばしば射殺や国外追放の最初の犠牲者となりました。

ナチスはまた、特定のカテゴリに属する囚人は文字どおり死ぬまで酷使するという「労働による絶滅」を意識した政策を追求しました。この政策では、強制収容所の囚人は、直接かつ故意に病気や怪我、そして死亡につながるような条件下で労働を強要されました。 たとえば、マウトハウゼン強制収容所では、衰弱した囚人が重たい石を担ぎ、186段の階段を駆け上がって運び出す作業を強いられました。

1941年6月のソ連侵攻後、ドイツ人は意図的な放置政策(不十分な食糧、衣服、収容施設、または医療手当)により何百万人ものソビエト人捕虜を死亡させました。 しかし、1942年の春、ドイツ当局はソビエト人捕虜をさまざまな戦争関連産業で強制労働にも従事させました。 1942年から1944年まで、ドイツ人は300万人近くのソビエト市民を強制労働者としてドイツ、オーストリア、ボヘミア・モラビアに送り込みました。

終戦時、ナチスの強制労働のための移送政策の犠牲者として「最終的解決」を生き抜いた何万人ものユダヤ人を含め、住むところを失った何百万人もの非ドイツ人がドイツに残されました。