ナチス収容所の解放 (簡約記事)

連合国軍がナチスドイツに対する一連の攻勢でヨーロッパを横断していく途中、彼らは強制収容所の数万人の囚人が飢えと病気に苦しんでいる状況に遭遇し始めました。ナチス収容所が解放されて初めて、その惨事の全貌が世界に伝わったのです。大規模なナチス収容所に初めて遭遇したのはソ連軍で、彼らは1944年7月にポーランドのルブリン近郊にあるマイダネク強制収容所に到達しました。ソ連軍の急激な進軍に意表を突かれたドイツ軍は、この収容所を取り壊して大量殺戮の証拠を隠そうとしました。1944年の夏、ソ連軍はベルジェツ、ソビボル、トレブリンカ絶滅収容所も制圧しました。1945年1月には、最大の絶滅強制収容所であったアウシュビッツを解放しました。ドイツ軍は撤退の際に収容所内のほとんどの倉庫を破壊しましたが、残った倉庫からは犠牲者の遺品が見つかりました。たとえば、数十万着の紳士用スーツ、80万着以上の婦人服、6,000 kg以上の人間の毛髪などです。

米軍は1945年4月11日、ドイツのヴァイマル近くにあるブーヘンヴァルト強制収容所を解放しました。ナチスが収容所の撤収を開始した数日後のことでした。米軍が解放したブーヘンヴァルトの囚人は2万人以上に及びました。米軍はまた、ドーラ・ミッテルバウ、フロッセンビュルク、ダッハウ、マウトハウゼン強制収容所も解放しました。英国軍は、ノイエンガンメやベルゲン・ベルゼンをはじめとするドイツ北部の強制収容所を解放しました。英国軍がツェレ近くにあるベルゲン・ベルゼン強制収容所に立ち入ったのは、1945年の4月中旬でした。ここではチフスの蔓延でほとんどが重体でしたが、約60,000人の囚人が生き残っていました。収容所の解放にあたった連合国軍は、死体の山が埋葬されずに残されていたナチス収容所の言語に絶する光景を目のあたりにしたのです。生き残ったわずかな囚人たちは、過酷な強制労働と食料不足に加えて、数か月や数年にわたる虐待により、骨と皮の状態になっていました。彼らの多くはあまりにも衰弱し、ほとんど動くことさえできませんでした。伝染病の危険は絶えず存在しており、多くの収容所は蔓延を防ぐために焼却しなければなりませんでした。収容所の生存者たちは、長く困難な回復への道に直面しました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.