ユダヤ人以外のレジスタンス (簡約記事)

1933年から1945年にかけて、さまざまなグループがドイツ国内およびドイツ占領地域の両方でナチス政権に対する抵抗を企てました。最初期における国内のナチズムの敵対者は、共産主義者、社会主義者、労働組合のリーダーたちでした。1944年7月には、ドイツ人の政治家や軍首脳の小さなグループがアドルフ・ヒトラーの暗殺を企てましたが、失敗に終わりました。フランスでは、民族主義者と共産主義者のレジスタンス運動により、ドイツ当局者に対するサボタージュや襲撃が行われました。1941年2月には、労働組合のリーダーたちが率いるオランダ人の一群が、ユダヤ人に対する迫害に抗議して一斉ストライキを起こしました。ソ連、ユーゴスラビア、ギリシャでは、パルチザンと呼ばれるゲリラ兵士がドイツ人隊員やその協力者に対してサボタージュや武装攻撃を仕掛けました。1944年8月には、ポーランド国内軍がワルシャワのドイツ占領部隊に対して蜂起し、2か月間戦いました。共産党国民軍の反乱者たちも、占領下のポーランドでドイツ人隊員に対してサボタージュや襲撃を行いました。

さらに1944年8月には、スロバキアの地下組織リーダーたちが、ドイツを支持する政府に対して反乱を起こしました。1942年5月には、チェコ人のスパイが親衛隊大将のラインハルト・ハイドリヒをプラハで暗殺しました。その報復として、ドイツ親衛隊と警察はリディツェ村とレジャーキの村の男性全員を射殺し、女性と子供を移送しました。その他の犠牲者たちもナチスに抵抗しました。1944年5月、親衛隊はアウシュビッツのジプシー専用収容所に収容されていたロマ族の囚人に対し、おそらくガス室に送る目的で、建物から退去するように命じました。ナイフや斧で武装したロマ族は退去を拒否し、ドイツ人は引き下がらざるを得ませんでした。エホバの証人たちは、服従拒否によりナチズムに抵抗しました。彼らはドイツ軍への入隊を拒否し、強制収容所の囚人は禁じられていた勉強会を実施しました。暴力を伴わないその他の抵抗としては、ユダヤ人を匿ったり、禁じられていた連合軍ラジオ放送を聞いたり、地下で反ナチス新聞を発行したりする行為がありました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.