歴史映画の場面

ドイツ軍がコヴェントリーに爆弾を投下する

1940年11月14日から15日にかけての深夜に、500機近いドイツ軍爆撃機がイギリス中部の産業都市であるコヴェントリーを攻撃しました。 爆撃機は150,000の焼夷弾と500トンを超える高性能爆弾を投下しました。 この空襲により、12の軍需工場と歴史的な聖ミカエル大聖堂を含む市の中央部のほとんどが破壊されました。 この映像は、空襲後の光景を示したものです。 コヴェントリーの爆撃は、イギリス人にとって近代の空中戦の無情さを象徴するものとなりました。

謄本

昨日まで、ここはコヴェントリーの歴史的な美しい町でした。 そして一晩の恐ろしい空襲の後、この町はすさまじい廃墟と化しました。 総力戦の非情な行為によって破壊された町となったのです。 明らかに、ナチスは軍関係の標的のみを爆撃するというふりさえ放棄したようでした。 この空襲は、7万発もの焼夷弾を無差別にこの町に落とし、あらゆる通りや家に死をもたらしました。 かつてはゴディバ夫人が住民を助けるために馬に乗って通った道には、焼け焦げたバスが並んでいます。 今日、コヴェントリーで馬を乗り回すのは、千人の人命を奪った冷酷な死神のみです。 世界に知られた歴史的建造物であった聖ミカエル大聖堂には、黒焦げの骨組みと、非難の指をさすかのように空に向けられた、傷ついた尖塔のみが残されています。 15世紀のゴシック建築の傑作の残骸は、認識できないほどに爆破されたがれきの山となりました。 これは近代の残忍行為を無言で告発しています。 西暦1940年の文明国。攻撃を受けたコミュニティに対し、弔意と激励の気持ちを抱いて、ジョージ国王はこの廃墟を訪れます。 家や愛する者たちを失ったにもかかわらず、勇敢なコヴェントリーの町の人々は、ロンドンと同じように堪え忍ぶことができることを国王に示します。


  • UCLA Film and Television Archive
詳細

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.