アーロン・レイゼローヴィチ

アーロン・レイゼローヴィチ

生まれました: March 23, 1919

ポーランド、ズィェンチィオル

アーロンは、ポーランド北東部の町ズィェンチィオルに住んでいたユダヤ人家族のもとに4人の子供の1人として生まれました。彼の父親は靴職人で、ビジネスパートナーと共に町で靴屋を経営していました。彼は私立のユダヤ人学校に通い、ポーランド語や歴史だけでなく、ユダヤ人の歴史やヘブライ語も勉強していました。

1933年〜1939年: 1939年9月1日、ドイツ軍がポーランドに侵攻しました。その3週間後、ポーランドはドイツとソ連の間で(独ソ条約機構の下)、分割されました。私たちは幸運でした。ズィェンチィオルは、ソ連によって占拠された東部にある町であったため、1939年当時、ドイツ軍を見ることはありませんでした。ドイツ軍のユダヤ人に対する扱いについて聞いていたので、ソ連軍を見て高揚しました。父は戦争中必要な2つの仕事は洋服作りと靴作りだと私たちにアドバイスしていました。

1940年〜1944年: 1941年6月、ドイツ軍がソ連に侵攻しました。1942年初頭、ドイツ軍はズィェンチィオルにゲットーを設置し、8月6日にそれを解体することを決めました。午前4時、私たちは人々が走りまわっている音を聞きました。ドイツ軍と酔っ払ったリトアニア軍が町を包囲していました。私たちは墓地まで連れて行かれ、うつぶせに横たわるようにと命令されました。職業が読みあげられました。「大工!」、「鍛冶屋!」、そして「靴屋」と呼ばれたとき、決して顔は上げずに、手を挙げました。兵士はライフルで僕を殴り、立ち上がるようにと命じました。僕は、強制労働所に移送されるグループに入れられました。残りの人々は射殺されました。

後に、アーロンは脱出し、ソ連のパルチザンに加わりました。1944年7月、ソ連軍に徴用され、戦争が終結したとき、彼はドイツにいました。彼は1947年、米国に移住しました。