セイヤ・ストイカ

セイヤ・ストイカ

生まれました: 1933

オーストリア、クラウバト・バイ・クニッテルフェルト

セイヤは、ローマカトリック教徒のジプシーの両親のもとに生まれた6人兄弟の5番目でした。ストイカ一家は、幌馬車で他の幌馬車とキャラバンを組んでオーストリアの首都ウィーンで冬を過ごし、オーストリアの田舎で夏を過ごしました。ストイカ一家は、ロワラ・ロマ族と呼ばれるジプシーの部族に属しており、馬の行商人として生計を立てていました。

1933〜39年: 私は、自由、旅、勤労に慣れ親しんで育ちました。一度、私の父が壊れた日よけの布地を使ってスカートを作ってくれたことがあります。1938年3月、私が5歳のときにドイツ軍がオーストリアを併合した当時、私たちの幌馬車は冬の間ウィーンの野営地に停めてありました。ドイツ軍は私たちにそこに留まるように命じました。私の両親は住まいを幌馬車から木造の家に変え、私たちは焚き火ではなく、オーブンで料理する方法を覚えなければなりませんでした。

1940〜44年: ジプシーは、「異人種」の一員として強制的に登録されました。私たちの野営地はフェンスで囲まれ、警察の監視下に置かれました。父がドイツ軍に連れ去られたとき、私は8歳でした。その数か月後、母のもとに父の遺灰が入った箱が届きました。次に、ドイツ軍は姉のキャシーを連れ去りました。最終的に、私たち全員がビルケナウにあるジプシーを収容するナチスの収容所に移送されました。私たちは煙を出す遺体焼却炉のすぐそばで生活し、ガス室へ向かう収容施設前の道を「地獄への高速道路」と呼んでいました。

セイヤはその後1945年にベルゲン・ベルゼン収容所から解放されました。戦後、ホロコーストに関するロワラ・ロマ族のジプシーの歌を記録し、出版しました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.