チャヤ・メダリオン

チャヤ・メダリオン

生まれました: 1915

ポーランド、コゼニッチェ

チャヤと彼女の兄そして2人の姉妹は、イディッシュ語を話す敬虔な家庭に育ちました。家はポーランド中東部の大きな白樺林の近くに位置するコゼニッチェという町にありました。子供時代、チャヤはヘブライ語を習いました。彼女はポーランドの公立学校に通い、14歳で卒業しました。父親は手製の靴を製造する工場を経営していました。

1933-39: チャヤはシオニスト運動に参加し、そこでボーイフレンドのレヴェク・シャバッソンと知り合いました。チャヤとレヴェクは、ルベルスカとラドムスカ通りが交差するコゼニッチェの中央遊歩道を散歩したものでした。2人は結婚することを望んでいましたが、ドイツ軍が1939年9月にコゼニッチェを占領したとき、その計画は打ち砕かれました。その年の後半、ナチスはコゼニッチェにゲットーを建設しました。

1940-44: ゲットーが建設されて間もない頃、住民たちは護衛兵に賄賂を渡して物品や食料をなんとか手に入れていましたが、ドイツ軍がゲットーに出入りする交通を規制し始めたので、1年が過ぎる頃には手に入らなくなりました。1942年、チャヤはコゼニッチェのゲットーからポーランドのキェルツェ近くのボラノブ労働収容所に移送されました。1週間後、チャヤはもう一度移送されることになり、今度はスカルジンスコ労働収容所に移送されました。そこでチフスに感染しました。

1942年、チャヤはチフスにより、27歳のときにスカルジンスコで亡くなりました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.