チャヤ・シャバッソン・ルービンシュタイン

チャヤ・シャバッソン・ルービンシュタイン

生まれました: 1901

ポーランド、コゼニッチェ

1930年、チャヤは事業家のモルデカイ・ルービンシュタインと結婚し、故郷のコゼニッチェの町を出て夫とともに近隣のラドムの街に移りました。チャヤは信心深いイディッシュ語を話すユダヤ人家庭で育ち、父親はコゼニッチェの白樺林の近くで製材工場を経営していました。ラドムでチャヤの夫は小さなバス会社を運営していました。

1933-39: 1933年にチャヤは長女のギラを生み、1930年代の中頃、ルービンシュタイン一家はコゼニッチェに戻りました。1939年の9月にドイツ軍がポーランドに侵攻し、数週間後には市内のユダヤ人地区はゲットーに指定され、ユダヤ人は特別許可がない限り、その地区から出ることを禁止されました。ナチスは多くのユダヤ人を打ちのめし、財産を奪い取り、殺戮しました。人々はしだいに飢え死にしていきました。

1940-42: 戦争が開始した後、モルデカイは結核を患い、静養のためにゲットーから密かに運び出されてユダヤ人の療養所に移されました。チャヤはゲットーから皮革を持ち出すことに成功し、闇市で売りました。8歳のギラは闇市の商品を自宅で売り若干の収入を得ましたが、それは十分なものではなく、病のため衰弱していたモルデカイは1941年に自宅に戻されました。1942年、チャヤは夫と娘、両親とともにトレブリンカの絶滅収容所に送られました。

41歳だったチャヤは、家族とともにトレブリンカで亡くなりました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.