エルゼ・ローゼンベルグ

エルゼ・ローゼンベルグ

生まれました: February 21, 1891

ドイツ、ハンブルク

エルゼは、エルゼ・ヘルツとして、大きな港町ハンブルグに住むユダヤ人一家のもとに3人の子供の1人として生まれました。 彼女の父は穀物輸出入業を営んでいました。 エルゼは子供の頃、私立の女学校に通っていました。 1913年に彼女はフリッツ・ローゼンベルグと結婚しました。夫婦はゲッティンゲンに引っ越し、そこで3人の子供を育てました。

1933-39: 1930年代の不況の始まりで、エルゼの夫のリネン工場は経営が傾きました。 1933年に政権に就いたナチスは、ローゼンベルグの工場を押収しました。 一家は生活を奪われ、家から立ち退かされました。 彼らはハンブルグに引っ越し、そこで親戚からの金銭的援助と、2人の子供が見習いの売り子として家に入れる稼ぎに頼って暮らしました。

1940-43: 1941年の終わり頃、ローゼンベルグ一家は800マイル東に移送され、ソビエト連邦のミンスクのゲットーに送られました。 エルゼは夜間線路から除雪や除氷を行う労働に就かされました。 1942年7月に労働部隊がその日の仕事のためにゲットーを出た後、ゲットーは親衛部隊の男たちに取り囲まれました。 エルゼの労働部隊はゲットーからの銃声を聞きました。 労働者たちは3日間現場に足止めされ、時間を追うごとに不安が募りました。 戻ることを許されたエルゼは、何百もの死体が地面に転がっているのを目にしました。しかし、奇跡的に彼女の家族は生き残っていました。 約30,000人が殺されました。

エルゼの息子のハインツは、1943年9月にトレブリンカ絶滅収容所に連行されました。2週間後にゲットーは一掃されました。 エルゼと彼女の残りの家族の消息は途絶えました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.