エヴァ・ブリジット・マルム

エヴァ・ブリジット・マルム

生まれました: July 17, 1919

ドイツ、カールスルーエ

エヴァ・ブリジットは、ドイツ系ユダヤ人の両親を持つ3人の子供の末っ子として、ドイツ南西部のライン川沿いにあるバーデン州の州都に生まれました。友人や級友たちからはブリジット、家族からは「ブリックス」と呼ばれ、無宗教の家庭に育ち、公立学校に通いました。父親は、地元の社会民主党のリーダーでした。

1933年〜1939年: 1933年、ナチスがマルム家に来て、反ナチス活動家であるという理由からエヴァの父親を逮捕しました。その2か月後、エヴァは、トラックの荷台に乗せられ、強制収容所に向かう途中、街頭を行進してさらしものにされている父の姿を突如目撃しました。その後、エヴァは学校に通うことを拒否しました。父親が殺害されてから、エヴァは母親と共に1934年4月にフランスに移住しました。

1940年〜1943年: フランスは、エバを敵の外国人向け捕虜収容所から解放しましたが、1940年にフランスがドイツに占領されると状況は悪化しました。1941年、エヴァの姉は、自分とエヴァ、そして母親のために米国へ向かう蒸気船の乗船券と出国ビザを手に入れましたが、エヴァは妊娠9か月であったため、蒸気船の乗務員から乗船が許可されませんでした。身ごもった子供の父親にも見捨てられ、エヴァはたった独りでマルセイユで出産しましたが、息子を養うことができず、1歳になった息子をリモージュのユダヤ人難民の子供たちのための孤児院に預けました。

1943年1月、南フランスでの一斉検挙で逮捕されたエヴァは、ポーランドのソビボルに移送され、そこで殺害されました。エヴァの息子は生き延び、1945年にパレスチナに連れて行かれました。