ゲルトルド・テピヒ

ゲルトルド・テピヒ

生まれました: February 12, 1880

ドイツ、ベルリン

ゲルトルドは、ドイツの首都ベルリンに住むユダヤ人一家のもとに3人兄弟の1人として生まれました。20代の初めにゲルトルドはリチャード・テピヒと結婚し、2人の娘をもうけました。リチャードはドライクリーニング店を経営していました。

1933~39年:夫が1931年に亡くなったとき、彼女はベルリンのアパートに居続けました。ナチスが政権について5年後の1938年に、ゲルトルドの長女イルセとその家族はアムステルダムに逃げました。1年後、次女は商用でスイスに行き、ナチスドイツに戻らず、そこに留まりました。ゲルトルドはベルリンに一人残されました。

1940~42年:戦争中、ナチスの命令で、ドイツ系ユダヤ人は家具や財産を「アーリア人」に売り、その収益をナチス政府に渡すように強制しました。ゲルトルドの義理の姉妹は「アーリア系」ドイツ人で、ゲルトルドから家具を「購入」して助けたので、ゲルトルドは財産を保持することができました。1942年11月にゲルトルドは、移送の通告を受け取りました。

1942年11月18日、ゲルトルドは移送を拒否して自殺しました。