ヒルダ・カサロー

ヒルダ・カサロー

生まれました: July 9, 1888

ポーランド、デンボゴラ

ヒルダは1919年までドイツに占領されていた地域に生まれました。教師であり画家でもあったヒルダは、フランツ・カサローと結婚し、第一次大戦が始まる前にドイツ西部に移りました。そこで、11人の子供を産み、エホバの証人の信者となりました。1931年以降、バート・リップスプリンゲの小さな町にあったカサローの家は、エホバの証人の宗派の集会場となりました。

1933-39: 私たち家族がエホバの証人の熱心な信者であることを隠さなかったため、ナチスは私たちの家を何回も捜査しに来ました。禁止されているにもかかわらず、私は宣教活動を続けました。1936年、私は逮捕され、6週間拘留されました。釈放された後も、私は夫が拘留されていても、聖書研究会を自宅で続けました。1939年に下の3人の子供たちが警察によって連れ去られ、「再教育」の名目で里子に出されました。

1940-44: 2人の息子はドイツ軍への入隊を拒否したため死刑に処されました。夫は1940年8月16日に自宅に戻りました。聖書研究会の開催を続けていたため、私と夫は娘のヒルダガルドとマグダレーナとともに1941年の4月に逮捕され、私は2年間の禁固刑を受けました。釈放されたときに、信仰を捨てることを記入した書類に署名すれば自宅に帰してやると言われました。それを拒否したため、私はラーフェンスブリュック強制収容所に更迭され、そこで1年前からそこに収容されていた2人の娘たちと再会しました。

1945年4月、ラーフェンスブリュック強制収容所からの死の行進中、ヒルダと2人の娘たちはソビエト軍によって解放され、終戦後にバート・リップスプリンゲに戻りました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.