リアン・ライフ

リアン・ライフ

生まれました: November 14, 1934

オーストリア、ウィーン

リアンの両親はポーランド生まれのユダヤ人で、ウィーンで結婚し、ドナウ川のほとりの中流階級地区にある14部屋のアパートに住んでいました。リアンの父親は歯科医で、自宅で歯科医院を開いていました。

1933年〜1939年: 1938年、ドイツがオーストリアを併合した後、私の父は遺体で発見されました。自殺したのだと思われます。1939年5月、戦争勃発の4か月前に、母はキューバ行きの船、セントルイス号を予約しました。しかし、キューバ政府は船を受け入れず、追い返してしまったのです。船に乗っていた他の難民と共に、母、兄、私は、フランスのブローニュで船を下り、そこから南にあるルーダンに送られました。

1940年〜1944年: ドイツがフランスに侵攻しました。それからまもなくして、私達はリモージュ行きの汽車に乗りました。ここはまだドイツ軍に占領されていなかったのです。最初、私たちはサーカス公演に使われるスタジアムに落ち着きました。ここでは、石でできた観覧席の上に寝ました。食べ物はほとんど手に入りませんでした。一日のうち、食事と言えば、ほんの少しの牛乳、ゆでた茶色のレンズ豆、それに古いパンでした。たまに、ジャガイモや卵がありました。母は、私の6歳の誕生日にそれまで見たこともないような素敵なプレゼントを持ってきてくれました。桃と干した果物です。

1941年、ライフ一家はニューヨークに移住しました。親戚がポルトガル経由で米国への移住を手配してくれたのです。リアンは後に化学で博士号を取得しました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.