ローレ・ホイマン

ローレ・ホイマン

生まれました: March 29, 1931

ドイツ、ヘレンタール

ローレは、ベルギーとの国境に近い町に住むユダヤ人家庭に、2人姉妹の次女として生まれました。ホイマン一家は雑貨店の二階に住んでいました。通りの反対側には、ローレの祖父が住み、大きな納屋で馬と牛を飼育していました。ローレが1歳のときに、一家はリップシュタットという都市に移り住みました。一家が住んだ家の広い庭の奥には、リッペ川が流れていました。

1933年〜1939年:ローレが6歳のときに、一家は近くのビーレフェルト市に引越し、そこの公立学校に通いました。1年後にローレと姉のマルゴは学校から除籍されました。ある日突然クラスから追い出され、理由もわからないまま学校の外に放り出されて泣きました。それから、歩いて家に帰りました。その後、両親は二人をユダヤ人学校に入れました。そこには、ナチスにより学校を追い出された教師もいました。

1940年〜1944年:ローレが11歳になった数か月後に、家族と共にチェコスロバキアのテレージエンシュタットのゲットーに移送されました。ホイマン一家が駅に到着すると、約6か月前にそこに移送されていたローレの祖母が待っていました。彼女は痩せて病気にかかっているように見えました。一家は祖母からローレの祖父が数週間前に餓死したことを聞かされました。ゲットーでローレはユダヤ人の教師により密かに組織されたクラスに参加しましたが、常にお腹が空いていたためほとんど勉強に集中できませんでした。

13歳になったローレは、1944年5月に家族と共にアウシュビッツに移送されました。彼女と彼女の両親はそこで命を落としたものと見られています。姉のマルゴだけが戦争を生き延びました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.